Lomography X Tungsten 64 レビュー

幸運にもLomography X Tungsten 64フィルムをまだ2本持っていました。なぜって、1本目は壮大に失敗してしまったので。誰のせい?僕のせいです。ピンク色の写真っていうより、ピンク色の頬で終わりたくないですよね?さて、続きをご覧ください。

一応言っておくと、ちょっとめちゃくちゃな写真になるって予想してました。1つ目の Lomography X Tungsten 64 のロールはテストとして撮影しました。屋外の強い太陽の光、日中の暗い光、屋内でライト無し、フラッシュ、フラッシュ無し、夜間、バルブモードなどなど。基本的に、Pentax Espio(これかなりいい感じのカメラなんです)に入れてから考えつくこと全てを試しました。

Credits: webo29

結果?あんまり良くはなかったです。全体的に暗い写真になってしまいました。低いISOのフィルムなので予想はしていましたが。僕はエキスパートではないですが、たぶん僕がなんか失敗してしまったんだと思います。実際望んでいたものっていうのは、明るくて、ピンク色の写真だったんですけど、悲しいことに、そういう写真にはならなかったんです。赤くてコントラストのある写真もあったんですが、それ以上のものはなかったんです。下の写真にあるような感じです:

Tungsten Xフィルムが映し出せる写真の感じはみんな見てきたと思うんですけど、残りの2本はそうなるようにしたいと思っています。今度は室内で人工的な光の下で撮ってみたいと思います。あんまり得意じゃないんですけど。次回は色鮮やかな写真が出来上がることを祈っています。でもその前に、もう何枚かテストロールをシェアさせてください:

ロモグラフィーの映し出す新しい景色を Lomography X Tungsten 35mm フィルムで体験してみよう!あなたを日常からとびださせてくれるようなリッチなブルートーンの世界に踏み入れてみよう!ISO64という低い感度のフィルムはあなたのような実験的なロモグラファーにとってパーフェクトなフィルムです。さあ Lomography X Tungsten 35mm をゲットしよう、 その他の ロモグラフィーフィルム ラインナップと一緒に オンラインショップ で購入できます。

written by webo29 on 2012-02-23 #gear #pink #review #contrast #dark #lomography #xpro #user-review #requested #lomography-x-tungsten-64-35mm-film
translated by hanahana

More Interesting Articles