360日間、ピンホールカメラでトロントの空を撮影した写真

トロント在住の写真家が、ピンホールカメラで365日間もの間、空を撮影し続けた話をご存知ですか?素晴らしいアイディアでしょう?続きをどうぞご覧下さい!

Photo via The Star

トロント在住の写真家、Michael Chrismanが特製のフォト用紙を使用して、トロントの空をピンホールカメラで365日間、31,536,000 秒もの間撮影をした写真がついに完成しました!

想像してみて下さい。1日か1晩だけのピンホールカメラ撮影でも困難なのにもかかわらず、一年間も撮影し続けたのです!

Chrismanは2011年の1月に撮影を始め、様々な困難(露出オーバーになってしまったり、カメラが盗まれてしまったり等)が予測されたのにも関わらず、それをを乗り越えて
2012年の1月1日についに完成したのです!これが完成した写真です。

さて、こんな素敵な話を聞くとピンホール写真を撮影してみたくなってしまいますよね?

2012年、あなたも楽しいピンホールカメラライフをお楽しみください!

この写真に関する全てのストーリーはこの英語版サイトでチェック!.

written by xxxanderrr on 2012-02-09 #news #toronto #pinhole #skyline #lomography #news #requested #2012 #michael-chrisman
translated by tame

Kickstarter

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

More Interesting Articles