リアリティと文字を多重露光

ちょっと前に、cohetesnaranjasさんの風景と文字の多重露光に失敗したっていう記事を読んだのですが、アイディアが素晴らしかったからずっと覚えていました。いつの日か、何かもう一つ工夫を加えてやってみたいなーと思っていました。

これは、簡単にできる方法です。まず最初にロモ写真の中に見せたい言葉やフレーズを考えます。私は自分の好きな思考に関するフレーズをえらびました。それとLomographyの格言もいれました。

Credits: lilithmoon

フレーズを選んだら、それを使って黒い背景の37枚のスライドショーを作りましょう(写真にひとつずつフレーズをいれます)。私はそれぞれ違う色、違うフォント、違う体裁を使うようにしました。同じのを使うより面白いし、全部の写真が違ってきます。重要なことは大きな文字で見せることです。その方が読みやすいし、カメラをスクリーンに近づける必要がないでしょ?

Credits: lilithmoon

コンピュータスクリーンに映し出されたスライドショーの各ページを撮影します。このとき部屋を真っ暗にして、カメラのフラッシュを使わないことが重要です。三脚をつかって長時間露光しましょう。私は露出計のついた自動設定のカメラを使ったので、露出時間を計算する必要はありませんでした。どのカメラやフィルムを使うかによりますが、数秒必要なことは確かです。

Credits: lilithmoon

フィルムを全部撮影したら、そのフィルムを巻き戻してカメラにもう一回装填します。黒い背景は多重露光に最適です。ポイントはスプロケット穴に印をつけておくことです。そうすれば2回目の撮影のとき、フレームを合わせて撮影できます。私は印を忘れてしまったんだけど、同じようなカメラを使ったし、スプロケット穴のポジションを覚えていました。(だいたいだけど)そうしたらラッキーなことに上手くいきましが、下手すると言葉が切れちゃっていたところでした。

カメラに再び装填されたフィルムで、もう一回撮影しましょう。テーマについてなんて考えないで。私は自分の家、仕事に行く前の夜明けの空、自分の一週間の生活のリアリティと、文字を多重露光しました。その写真の上にさらに多重露光したりもしました。すっごく楽しかった!

Credits: lilithmoon

これが工程のすべてです!いたって簡単に、面白い写真ができあがりです!

written by lilithmoon on 2012-01-29 #gear #tutorials #diy #tipster #trucos #doble-exposicion #pelicula #palabras
translated by mizugoji

Kickstarter

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

More Interesting Articles