フィルムマスクをしてLomoKinoムービーを作ってみよう!

LomoKinoムービーを撮影していると、色んな視点を試してみたくなります。どうやって?ステンシルのようにフィルムマスクを作ってしまうなんてどうでしょう!簡単な手順を踏めば、ユニークな動画を作ることができますよ!

  1. 紙を一枚用意して、カッタ―を使いあなたのお好みの形に切り抜きます。ハートでも三角でも、「LOVE」のような文字でも。
  2. LomoKinoの内側、フィルムが露光する場所にステンシルのように貼りつけます。単純にテープをちょっと使って固定して下さい。
  1. きらきらしたものや反射する素材を使ってみることもできます。きっとクールでスペシャルな効果を出してくれますよ。
  2. 内側に貼ったら、フィルムをセットして、ステンシルムービーの撮影を始めて下さい!

*一本分撮影が終了するまではがせませんのでご注意ください。途中でカメラの裏蓋を外すと、フィルムが感光して何も写らなくなっちゃいます。

このテクニックは DanielVita がシェアしてくれました。

アナログスタイルのムービーカメラ LomoKino が新発売!36枚撮りフィルムを使用することで約144コマの撮影が可能(再生時約36秒から48秒分)。大切なのは撮り手一人一人の創造力!詳しい情報は マイクロサイト へ。いくつかのLomoKinoムービーは こちらのページ からもご覧頂くことができます。

関連リンク

LomoKinoでも簡単に多重露光できます

written by shhquiet on 2012-01-24 #gear #tutorials #35mm #stencil #mask #minimovie #tipster #lomokino
translated by kyonn

More Interesting Articles