The Hell With Perfection — Freedom for Photography!

LC-Aこそすべて - All You Need is the LC-A -

ハロー!はじめまして、私はzark!たっくさんカメラを持っています。この記事は、私たちのお気に入りの1つ、そうLC-Aのレビューです。

私はたくさんのカメラを買ったり、プレゼントもしてもらいました。そのカメラは全部、そばに置いてあります。私のカメラたちはそれぞれ異なった特徴を持っています。例えばフラッシュやレンジファインダー、露出計などの機能がついていたりいなかったり。屋内向けや屋外向け、新品や中古品、大きいものから小さいもの、プラスチック製や金属製、黒いボディやクロムのボディなど様々です。

外出する時にはいつも、どのカメラを連れて行くのが良いか吟味します。新しく買ったものを試そうか?荷物が重たいから小さくて軽いカメラが良いかな?古くて目立つカメラの方がみんなの目を引くかも?ロモグラフィーのカメラともっと本格的な固い感じのカメラどっちが良いだろう?どのカメラにどんなフィルムを入れるのが今ぴったりかな?

もう悩ましい!それを解決するのに一番簡単で明確な方法は、スタートのカメラに戻ること。もし決心がつかなかったら私は信頼すべきLOMO LC-Aを選びます。屋内でも屋外でも、また昼間でも夜間でも、いつもカメラの中で正しくフィルムに写し出す。私の小さなポケットに収まっている。LC-Aと一緒だと、私は決して軽装過ぎでもなく重装備すぎてもいないのです。

私のLC-Aは1985年生まれで、結構調子が悪くなることもありました。何回かの「手術」やメンテナンスも必要でした。でも心配しないで!LC-Aカメラは修理が簡単なのです。
もしうまくいかなかったら、 Piggyポイントを貰うためにLomographyにLC-Aを送る か、Lomographyで保証がきく LC-A+ を買うと良いよ。
私のLC-Aは、私より6歳年下です。私とLC-Aがとても仲良くなってから、LC-Aのカメラライフが知りたくなりました。最近、ベルリンの壁の崩壊に関するあるドキュメンタリーを見た時、私は群衆の中にLC-Aで写真を撮っている男性を見つけました。そのLC-Aが私のだったかもしれないよね?ひょっとしたら。

私は自分のLC-Aのことを隅から隅までよく知っています。音や雰囲気でそれだと見分けることが出来ます。また、私のLC-Aのレンズには小さな傷があり、写真にどう出るかわかりません。LC-Aはモノというよりもむしろ体の一部のような感じです。LC-Aで撮った写真は私をハッピーにするし、気持ちを穏やかにさせるし、時間もあっという間に流れます。元気がない時、写真を撮ります。すべてがあんまりうまくいかない時、写真を撮ります。バスを待たなければいけない時、写真を撮ります。楽しい時やご機嫌な時も写真を撮りますが、それは毎日大学まで歩いたり作業をしてる時や、パーティーに行ったり休日だったりする時ですね。LC-Aは私といつも一緒です。

たくさんある他のカメラも一緒に使うべきだけど、私はもうLC-A無しでは絶対でかけません!

LOMO LC-Aは、Lomographyムーブメントを作り出した伝説的なカメラ。パワーアップした機能いっぱいの、ワイドな感度設定。自動制御つきで、初心者でもプロフェッショナルでも十分にお楽しみいただけるパーフェクトな LOMO LC-A+ がオンラインショップで好評販売中です!

2011年1月31日まで、このカメラと一緒にご利用いただけるアクセサリーが20%OFF! 詳細は こちら からどうぞ。

written by zark on 2012-01-20 #gear #35mm #review #lc-a #lomo #lomography #zark #1985 #film-camera #orginal #user-review
translated by nimi48

More Interesting Articles