Lomography CN 100 35mm - LOMOっぽい写真ならこのフィルム!

Lomography製ISO100カラーネガティブフィルムは、スライドフィルムのようにハメを外したクレイジーな感じになることなく、LOMOっぽい写真に仕上がります。ごく優しい色合いで、さらに値段もお手頃なので、お買い得です!

Credits: lighttomysoul

Lomography Color Negative 100 はLomography自社製品の カラーネガティブフィルム で、つまり空が緑になったり赤になったりはしません。もっとナチュラルな色合いですが、それでもちょっとだけ不自然な色をほのめかしたりします。蛍光灯のせいでこのボーダーは緑っぽくなっていますが、私の好みの色です。

Credits: lighttomysoul

ISO感度が低いので室内での撮影にはベストとはいえませんが、フラッシュ撮影ならうまくいきますし、スーパーシャープな写真を望んでいないなら問題ありません!私は自分ではフラッシュ撮影を試したことがないんですが。もちろん、協力的な被写体とか、目の前の動いていない物体の撮影にも向いています。

Credits: lighttomysoul

それ以外のときの撮影だって、そんなに悪くありません。予想外のおどろきを求めるなら、これはあなたにピッタリのフィルムです!

Credits: lighttomysoul

屋外では、たとえ夕方でもとても良く撮れます。ディテールまではっきりと写っています。木や枝に注目してみて!

Credits: lighttomysoul

LC-A+ はちょっとした周辺光量の低下、ヴィネットをひきおこすものだと思いますが、私のLC-A+はすべてのフィルム、すべての写真でヴィネットがあまりでません。だからこのフィルムがヴィネットをおこすのかよくわかりません。でもその効果も気に入っています。それは写真の良い味付けになりますから。

Credits: lighttomysoul

じゅうぶんな光源さえあれば、昼でも夜でも良い結果が得られますよ。

Credits: lighttomysoul

とにかくパーフェクトなカラーネガティブフィルム、Kodak EktarとPortraを普段つかっているけど、このフィルムは気分転換に最適です。LOMOならではの色合いがあり、 スライドフィルム にはちょっと不安を感じている方にも良いスタートになります!でもこれだけは覚えていて。低感度のフィルムだから、天気の良い日に使ってね!

Lomography Colour Negative 100 35mmフィルム なら、ビビッドカラー、なめらかな粒子とすばらしい解像度でキレイに飾られた写真を保証します。フラッシュと手を組むか、日光の下ならば、このフィルムは息を呑むような結果をあなたにもたらします。Lomographyのすべてのフィルムは ここ でチェック!

written by lighttomysoul on 2012-01-21 #gear #35mm #review #color-negative #lomography #lomo-film #lomo-cn #user-review #requested #lomography-cn-100-35mm
translated by mizugoji

More Interesting Articles