Lubitel 166+ テクニック: フラッシュと一緒に使ってみよう!

あなたのLOMO Lubitel 166+にお勧めのアクセサリーがHolgon Strobe Flash。LOMO Lubitel 166+のパッケージに付属しているケーブルレリーズと一緒に使ってください。自由に手を使えますよ…!

あなたの LOMO Lubitel 166+ にどんなフィルム(35mm, 120 や 220、レッドスケールも)でもいいのでセットして、新しい電池を入れた フラッシュ を取りつけ、MF(マルチフラッシュモード)に設定してください。部屋を暗くして、あなたのLubitel 166+のシャッタースピードをB(バルブモード)、絞りをf5.6 (または f8)にして、撮影をはじめましょう。こうすれば、オーバー露光にはなるのを避けることができます。

ユニークな撮影をする為に、2通りの方法があります。

通常の長時間露光

通常の長時間露光にする時は、被写体を動かしたり、カメラを動かしたりします。先ほど設定したモードでレリーズを押し続けている間フラッシュは自動的に一秒に2回発光します。一枚の真四角の写真の中に、被写体を異なるアングルやレイヤーで通常の多重露光写真のように撮影することができます。

フィルムを巻き上げながら露光

長時間露光をしながら、フラッシュ撮影の間にフィルムを巻き上げても露光することができます。好きな長さ分できますよ!(最大のエンドレスパノラマの長さはフィルムの長さと同じ分。だから、220か35mmですね)オーバーラッピング写真になります。グループポートレート写真に使うととっても楽しいです。グループで円になって、撮影中に回るなんていうアレンジもお勧めです。

こちらのページから他のLubitel 166+テクニックを見ることができます!
LOMO Lubitel 166+の商品ページへ
== Holgon Strobe Flashの商品ページへ==

written by mephisto19 on 2012-01-15 #gear #tutorials #portrait #tip #lubitel #plus #166 #lubitel166 #tipster #holgon-strobe-flash #strobe
translated by kyonn

More Interesting Articles