パンチで作れるノックアウト写真

この手軽で簡単なテクニックは、あなたの写真に色とコントラストのあるスパイスを加えます。さらには今までよりももっと予想できない写真に!2つの全く違うイメージを多重露光するユニークな方法です!

この実験の狙いは、前面のイメージ(シーン)にセカンドイメージ(被写体)をオーバーレイさせることです。セカンドイメージは、中の丸い穴になります。前面のイメージを丸い穴の周囲のネガフィルムのエリア(大きい方)に露光します。私はこのテクニックの為に、 LOMO LC-Wide を使いました。でも、多分他のカメラでもできます!

必要なもの:

  • 紙用穴開けパンチ
  • 厚紙
  • セロテープ/マスキングテープ

ステップ 1: 厚紙の一部をカメラの内側のフレームマスクのように、中に入れられるサイズに正しくカットします。

ステップ 2: その紙に好きなように穴を開けます。

ステップ 3: カメラのマスク部分にテープで貼り付けます。

ステップ 4: フィルムをセットします。

ステップ 5: フィルム1本をその状態で撮りきります。(テクニック:フィルムに初めに露光されるのは、穴がある部分です。だから、最終イメージにコントラストを加えられるようなカラフルなものや、テクスチャーのあるものを撮影しましょう)

ステップ 6: フィルムを巻き戻します。(全部フィルムキャニスタ―に巻ききってしまわないようにしてください。そうすれば、もう一度カメラにセットすることができます。ゆっくり巻いて、巻上げが軽くなった瞬間に回すのをやめるのがコツです)

ステップ 7: マスクを取り除きます。

ステップ 8: もう一度同じフィルムをセットします。

ステップ 9: 1本分撮りきります。(テクニック:2回目の露光は、穴の周りの、あなたが穴をあけすぎていなければ大きな方のエリアです。だから、今度は目立つシーンや被写体を撮りましょう)

ステップ 10: フィルムを巻き戻して、現像します。出来上がりに驚きますよ! :)

追加テクニック:これ以上の実験をすることに怖気づくことはありません!後に私はフィルムをお湯で5分茹でてみました。極端な色と汚れが出ましたよ!あなたも楽しんで! :)

LOMO LC-Wide とは、新開発の17mmレンズMinigon-1を搭載した、ウルトラワイドアングルな写真を撮影することができるカメラ。超広角のフルフレーム以外にも、ハーフフレーム、スクエアフレームでも撮影することができ、1台で3通りのフォーマットをお楽しみ頂けます。鮮やかな色、印象的なビネット(周辺光量落ち)、暗い所でも適正の明るさで撮影できるオート露出機能なども特徴です。

LOMO LC-Wideを購入する
LOMO LC-Wideのマイクロサイトへ

関連記事

LC-W: 全てを写真におさめよう!
Lomographyが産んだモンスター、LC-Wide
レビュー: LC-Wide Ultimate Package
LC-Wideとの最初の数ヶ月
私の毎日にLC-Wideがやってきた!
SNAPSHOT magazine 編集長 鈴木文彦、LOMO LC-Wideで撮る
LOMO LC-Wide – 驚きのカメラ!
LOMO LC-Wide と過ごした3つの週末
LOMO LC-Wideにつけられるネックストラップ!
スペシャルインタビュー: LOMO LC-Wide開発秘話 パート1へ
LOMO LC-Wideでスーパービネット
LOMO LC-Wideで夜間撮影
LOMO LC-Wideでごちゃ混ぜのポートレート写真
LOMO LC-Wideでオーバーラッピング写真をクレイジーに楽しもう!
LOMO LC-Wide レビュー
LOMO LC-Wideと ビューファインダーから見えるより広い世界へ
LOMO LC-Wide V.S. LOMO LC-A+
スタッフレビュー:いま話題のカメラLOMO LC-Wideを大解剖

written by rjk_89 on 2011-12-14 #gear #tutorials #holes #punch #mask #tipster #double-exposed #juxtaposition #hand-craft
translated by kyonn

More Interesting Articles