FisheyeはSubmarineを使うと水も平気!

「あれを買ったらこれが半額!」になるBuy This & Get 50% Off That キャンペーンでペアになっている組み合わせには、一緒にお勧めしたい理由があります!今回ご紹介するのはFisheye2とSubmarineの組み合わせ。

セットページへ
Credits: faaabiibadjuju & popcorn

ロモグラフィーを知っている方ならもちろんFisheye2というカメラをご存知でしょう!170度の景色をぎゅっと凝縮したまん丸な魚眼写真が手軽に楽しめるカメラです。

「魚眼」という名前から想像できるようにこの視界は魚の眼と同じ景色が見えます。地上の景色でストレートに楽しむのもいいですが、この写りを水中でもお楽しみいただけるアクセサリーがSubmarineです!!

Fisheyeのマイクロサイトへ
Fisheyeの商品ページへ

Submarineのマイクロサイトへ
Submarineの商品ページへ

Credits: pomps & gatorchick

Fisheye2のいいところは、なんといってもその手軽さとわかりやすさ。魚眼の視界は通常人間の眼で見える景色と違います。だから撮った写真がユニークになるのは間違いありません。丸く切り取られるってのも面白いですよね。

そもそも魚眼レンズは何層ものレンズを重ねて作られており、すごく技術が必要な超広角特殊レンズだった為、大変高価な存在でした。そのレンズを安価な価格で手軽にお楽しみいただけるように誕生したのがFisheyeというカメラです。

Credits: badjujumateja & cinzinc

Fisheyeには距離の設定は必要ありません。他のカメラだと、距離を自分で目測で設定したりしなくてはいけませんが、このカメラは1cm~無限までピントが合うレンズが搭載されていますので、何にも考えず、撮りたい被写体に向けてシャッターボタンを押すだけで大丈夫です。なんで?と思った方は昔使ったことがある使い捨てカメラを思い出してみてください。ピントを合わせる必要ありませんでしたよね?そう。レンズの設計段階で、こういったピントがすべてに合うようなものもあるんです。

あなたが実際に撮影するときはとても簡単。フィルムカメラなので、一枚撮ったらその後次のコマまで巻上げをする必要がありますが、シャッターボタンを押すだけで写真が撮影できます。

Credits: badjujupureappleoftruthpopcornthachkorn & quaisoir

FisheyeにはなくてFisheye2にある機能をご紹介しましょう。

カメラの上部についている魚眼ビューファインダー: 覗いているだけで楽しい!世界が魚眼に見えます。

シャッタースピード切り替え: 日中の撮影なら、「N」にレバーをあわせます。これで間違いなし。フラッシュ撮影のときも「N」を使いましょう。 夜の撮影でフラッシュを使わない場合は「B」に合わせます。これはバルブといって、シャッターボタンを押している間中ずっと光を取り込むシャッター。これはかなりアーティスティックな写真になります。例えば夜に道路に向かい走る車を撮影すると、光の流れがさーっと流れる写真に。使用するフィルムやその場所の明るさにもよりますが、街頭がある場所なら、5~10秒ほどシャッターを押して離します。それから、もっと面白いのはライトペインティング。ペンライトでゆっくり文字を書く姿をずっとシャッターを押しながら撮影します。光の文字が写真に写ります。この機能をフラッシュと組み合わせてもOK。シャッターボタンを離したときにフラッシュが発光しますので、最後の瞬間だけはっきり写真に写ります。最後の瞬間以外は、光の流れがブレたように写ります。

Credits: scootiepyestonerfairyporkchopsandyethermoon & nkay

多重露光スイッチ: シャッター切り替え(NとB)と一緒についているのが多重露光(MX)スイッチ。スライドさせてスイッチを入れると、元に戻りますが、これで準備が完了です。通常カメラは1コマにつき、1度しかシャッターを押せませんが、もう一度シャッターを押せるようになり、2枚画像がブレンドされたユニークな写真に仕上がります。

Credits: mephisto19minilidia & quaisoir

ホットシュー: ファインダーをはずすと、外部フラッシュを設置することができます。強いフラッシュを使いたかったり、カラーフラッシュを使いたいときは、ここに取り付けてください。

上記の機能より、単純な魚眼写真だけでなく、テクニックを使って楽しめるのがこのFisheye2です!

Credits: badjuju & eva_eva

さあ、本題に入りましょう。

Submarineの中に、Fisheye2をセットするのです。するとそれまで水にぬらすと壊れてしまう状態だったFisheye2を完全にガードすることができます。プールにもビーチにも。水だけでなく、砂も入らないので、安心してどこにでも持っていくことができるようになります。

Credits: eva_eva & yuvs

Submarineに入れたFisheyeは、水深20mまで耐えることができます。ダイビングでそこまで深くはもぐりませんよね。水中のお魚の姿も撮影できます。先ほどお話したように距離設定も必要なし。カメラ自体にフラッシュもついているので、ちょっと薄暗いほどの深さでもフラッシュ撮影をすることができます。

雨の日だって、水鉄砲を打ち合っていたって、安心!!
だからFisheye2とSubmarineの相性は抜群です。

キャンペーン記事へ
キャンペーン中の他の商品を見る

Credits: eva_eva & minilidia

 

written by kyonn on 2011-12-11 #gear #review #

The Lomogon 2.5/32 Art Lens lets you widen your world – yet it isn’t any wide-angle lens. Designed to electrify escapades great and small, it’s your ticket to the definitive Lomography aesthetic. Sweet saturation, high contrast, cutting-edge optical quality, unique bokeh, super-speedy aperture mechanism – the Lomogon is the ultimate Lomo eye on the world. Head over to Kickstarter now to discover everything you need to know about our latest invention, and save up to 40% on its final retail price with our amazing Kickstarter specials!

More Interesting Articles