稲妻を撮ろう!

稲妻を撮ることに成功するのはとても難しい。一番の原因は速い光のスピードですね。稲妻を自分の手で撮りたいと思っているあなたに、私のテクニックをちょっと教えちゃいます。

光のスピードなので、成功するのはとても困難です。夜は余計に事を難しくさせます。雷を伴う嵐を、ある地帯の夏の間に見つけることは簡単です。空から地上までの光の到達はとても速いので、あなたはとても速い露光時間と、どこが雷に襲われるのか予測が必要です。同じ場所で2度は光らないことを覚えておいて下さい。

必要なもの:

  • フィルムをセットしたカメラ(もちろんね)
  • 三脚(もしあなたの手を信じるならオプションで)

雷雨が始まるとすぐに、カメラをつかみ、露光時間をセットします。日中用にセットして、稲妻の写真を捕まえましょう。
夜の間は平らな場所にしっかり置く為に三脚を使うのがべストです。長時間露光も必要です。夜の雷について考えると…美しい!

ISO 100のフィルムを使用した時の露光時間目安は:

  • f 2.8 – 1 秒
  • f 4 -2 秒
  • f 5.6 – 4 秒
  • f 8 – 6 秒またはそれ以上…

では健闘を祈ります!雷はとても危険なので、稲妻を撮影する時は、必ず安全な環境で行うようにしてくださいね。いい写真を撮る為に命までかけることありませんから!

関連記事
フィルムで、雷を撮影する方法

written by pvalyk on 2011-12-13 #gear #tutorials #art #tutorial #shoot #tipster #storm #lightnings
translated by kyonn

Thanks, Danke, Gracias

Thanks

We couldn’t have done it without you — thanks to the 2000+ Kickstarter backers who helped support this analogue dream machine the Diana Instant Square is now a reality. Watch out world, this Mighty Memory Maker is coming your way! Did you miss out on the Kickstarter Campaign? Fear not, pre-sale is now on and we have a Diana Instant Square waiting just for you! Pre-order now to pick up your own delightful Diana Instant Square and free Light Painter just in time to snap away those Christmas Carols.

More Interesting Articles