LomoKino Review: Kinoがファミリーに仲間入り!

ロモグラフィーの素晴らしい家族に新しい仲間が増えました!そのステキなステキな新メンバーの名前はLomokinoです。このカメラは私たちの日常に画期的な革新をもたらしてくれるのです。100%アナログムービーの誕生です!

さて、Lomokinoがどんなに美しい子か見たところで、一番大事な彼女の中身を知っていきましょう。Lomokinoは 35mm の36枚撮りフィルムで30秒間の映像を撮ることができます。「いったいどうやって??」私も初めてLomokinoを手にした時にそう思いましたが、Lomoshopのスタッフが仕組みを説明してくれて、完璧に理解することができました。とっても簡単に使えるんですよ!

フィルムは垂直にレンズの前を通り、通常の1枚の写真分のフィルム幅で4コマのショットを取ります。(縦に撮った Supersampler のようにね)ですから、36枚撮りのフィルムで映像を作り出す為の144コマが撮れる訳です。どういうことかって?とってもシンプルなことです。これを見てください。

一度、フィルムがセットされてしまえば、後はクランクを気合を入れて回すだけ!どのくらいフィルムが残っているかはウィンドウを覗けば分かります。赤が出ていたら、フィルムがなくなったということです。

撮影の間はフィルム巻き戻しダイアルが回っているか確かめましょう。もし、回っていれば万事順調です。巻き戻しダイアルがとまったら、フィルムがなくなったということです。

Lomokino は太陽の下、明るいところ、野外に適しています。晴れた日にはISO100を、曇っているときはISO400を使うと良いでしょう。もし、あなたが冒険家で、室内での撮影臨むのであれば、ISOの高いフィルムと強い光源が必要になります。絞り値(f:5.6,f:8, f:11)を使って遊んでみることもできます。Lomokinoのフォーカスは1mから無限までですが前面についているクローズアップボタンを押せば0.6mのクローズアップモードで撮影ができます。

Lomokinoにはホットシューのフラッシュを接続することができますが、早い連続撮影に対応できる高機能のものを選んだほうが良いでしょう。私は Fritz the Blitz FlashLomography CN 100 film を使いましたが、とってもいい感じです!次はもう少しゆっくりクランクを回したほうがいいかなって気はするけど、とりあえず、大満足です!

もし、私みたいに真っ黒のショットが混じってしまったら、カットしてしまうこともできます。もう一度見てみて。

Lomokinoで冒険することを恐れないで! Lomography Redscale XR で撮影すればこんなに美しい映像が撮れます。色々なフィルムを試してみると、結果は素晴らしいものになります。

アナログの純粋主義者たちのために、Lomokinoにはデジタル化をせずに映像を見ることができるLomoKinoScopeがつきの パッケージ もあります。もし、ポジ写真の映像が見たければ、スライドフィルムでの撮影、E6での現像をお勧めします。ネガフィルムをLomokinoScopeにセットすると、ネガカラーの映像を見るることになるからです。まだ、試すことはできていませんが、ショットをスキャンして、映像を編集することには挑戦しました。わたしはプロではないので、直した方が良いところはたくさんありますが、スピルバーグじゃなくたってアナログムービーを楽しく撮影することはできるってことになりますよね?少しづつ学んでけばいいのです!

LomoKinoはすべてのロモグラファーに何千何万もの可能性を与えてくれるニューカマーです。ハリウッドだって目じゃない!

アナログスタイルのムービーカメラ LomoKino が新発売!36枚撮りフィルムを使用することで約144コマの撮影が可能(再生時約36秒から48秒分)。大切なのは撮り手一人一人の創造力!詳しい情報は マイクロサイト へ。いくつかのLomoKinoムービーは こちらのページ からもご覧頂くことができます。

written by susielomovitz on 2012-01-08 #gear #review #susielomovitz #lomokino
translated by ycontrol92

More Interesting Articles