マスキングテープでカメラをデコレーション

あなたのカメラをドレスアップする方法の提案。テープを少し用意して、貼付けましょう!

必要な材料:

  • かわいい色や模様のマスキングテープ
  • クラフトナイフ
  • カスタマイズしたいカメラ

私は地元のお店でマスキングテープを手に入れました。もしあなたがすぐにインターネットですぐに調べられるなら、どこかのオンラインショップから購入すればもっとたくさんの種類がありますよ。

始める前に、カメラの溝や、角のホコリをチェックしましょう。きれいにするのが難しいときはブラシを使うと届きます。

ホコリをきれいにしたら、どこに貼りたいのか決めます。
私は、 Sprocket Rocket の外面に貼りました。エッジに沿うと、正しくテープが貼られているかわかりやすくなります。テープを引き出し、正しく位置をあわせながら、エッジをガイドにして貼ります。

テープをしっかり貼付けると、余分な部分が取り除きやすくなります。私は爪を使って、テープを押し付けました。レンズのエッジにあるカーブにぴったりと貼る為には、ルーラーとナイフの尖っていない側を使いました。

位置合わせが正しくできたら、エッジに沿って尖ったナイフでトレースして、テープを張ります。確実にすぱっと切るためにちょっとの力を使いましょう。ここで扱う表面はでこぼこしているので、次にテープをはがすときの為にカットマークを残す心配はする必要ありません。

余分な部分をはがします。とがったナイフを使うとより簡単です。

あなたのカメラをドレスアップするのに満足するまでこのプロセスを繰り返します。

テープは長い間もつでしょう。新しい見た目にかえたいと思ったときは、単純にテープをはがすだけ。接着剤のマークものこりません。イエイ!

Sprocket Rocket Whiteが限定入荷しています!

written by 1511 on 2011-11-26 #gear #tutorials #diy #tipster #quickie-tipster #craft #customisation #decorating #washi-tape #hand-craft
translated by kyonn

Kickstarter

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

More Interesting Articles