Best of the Best: アンセル・アダムス

1

「真実の写真というものには、説明は必要ない。それでも多くを語る写真なんだ」 — アンセル・アダムス

Ansel Adams (February 20, 1902 – April 22, 1984)

モノクロで撮影した風景の写真というのが、 アンセル・アダムス の代名詞だ。アメリカの環境保護活動家であり、カメラマンであった彼は グループf/64 、ピクトリアリズム、ビジュアライゼーション、そしてゾーンシステムといった写真用語を生み出した。

アダムスは大判カメラを使用していた。彼の写真は綿密な構成、暗室での熟練した技術、トータルバランスへの感受性、鋭いフォーカスと高いコントラスト、そして正確な露出を追求していたことが広く知られている。

彼は原生自然の保護に尽力しており、その時代において、写真を芸術の形へと昇華させた。彼はこう述べている
「真実の写真というものには、説明は必要ない。それでも多くを語る写真なんだ」
彼の風景写真をみると、この言葉の意味がよく理解できる。

それではどうぞお座りください。リラックスしてアンセル・アダムスの傑作たちをご覧ください。

ポプラ
秋の月、グレイシャーポイントからみたシエラネバダ山脈、ヨセミテ国立公園、カリフォルニア、1948
ブライダルベールの滝, c. 1927
ブライダルベールの滝, c. 1952
エルキャピタンの秋
エルキャピタン, 朝日
凍りついた湖と崖、セコイア国立公園、カリフォルニア、1932
モノリス、ハーフドーム フェイス、ヨセミテ国立公園、1927
月とハーフドーム、ヨセミテ国立公園、カリフォルニア、1960
ヘルナンデスからみた月の出、ニューメキシコ、1941
ネバダの滝、虹、ヨセミテ国立公園、カリフォルニア、1947
砂丘、日の出、デスバリー国立公園、カリフォルニア、c、1948
テトンズ川とスネーク川、グランドテトン国立公園、ワイオミング、1942
木と雪、1933
冬の日の出、ローンパインから望むシエラネバダ、カリフォルニア、1944
ヨセミテ渓谷、嵐、1949

ここに掲載した写真は全て、下記のサイトからご覧になれます。
anseladams.combirdwatcher.ru

アンセル・アダムスの写真はいかがでしたでしょうか?どういった写真家の記事に興味があるかお聞かせください。

関連記事
巨匠をマネしよう!: アンセル・アダムス

basterda はマニラのLomographyチームのメンバーです。彼女は2010年よりカスタマーサービスに従事しており、またマガジンのアナログライフスタイルにおいて Influential Photographs シリーズを執筆しています。

written by basterda on 2011-11-29 #lifestyle #black-and-white #classic #best-of-the-best-series #ansel-adams #ansel-adams-week #weekly-tribute
translated by keni

One Comment

  1. tame
    tame ·

    すごい。鳥肌たつ。実際のプリントがみたい。

More Interesting Articles