その10年間: 1950年代のマグショット

犯罪者のマグショット(警察の記録に残すために撮影された顔写真)は、1870年代の初頭から撮影されるようになった。その目的は、当局が犯罪者の記録を残すことにより、犠牲者に、彼らを容易に認識させることにあった。一般に、マグショットでは2種類の写真が撮影される。犯罪者を正面から撮影したものと、横から撮影したものだ。今回は、1950年代に撮影されたマグショットを紹介する。

image via Small Town Noir

ハロルド ニコルズ, 1956
ハロルド ニコルズはまだ無名だったころから、トラブルを引き起こしていた。何度も自動車を盗んでは乗り回していた。彼は窃盗と犯罪性の高いいたずらで逮捕されている。ハロルドは様々な犯罪を起こしては、牢屋に舞い戻ってきた。1950年代の終わり頃には、ガールフレンドの息子に殴るなどの暴行を加えたとして、逮捕された。

image via Small Town Noir

チャールズ ピーク, 1956
ある春の日の夜、チャールズ ピークは友人たちと、警察官にむかって暴言を吐いたのちに、車で逃走した。彼らはその警察官に追跡され、捕まえられた。調査ののちに、逮捕した警察官は無許可のイタリア製の32口径のベレッタを所有しているのを発見した。彼には一年間の保護観察処分と、100ドルの罰金が科せられた。

image via Small Town Noir

ゲイル ゴード, 1953
上の写真はゲイル ゴードが飲酒運転で逮捕された際に撮影されたマグショットである。彼は30日間を牢屋で過ごすことになった。この期間に、彼は他の犯罪者と知り合いになり、窃盗、押し入り、住居侵入を一緒に行うようになった。裁判において、彼は1000ドル分の物品の窃盗で有罪となり、2年間を刑務所で過ごすはめになった。しかしながら10ヶ月後に仮釈放となっている。

image via Small Town Noir

アール フィリップス, 1958
アール フィリップスのマグショットは、暴行の容疑で逮捕された際に撮影された。朝の四時に酔っぱらっていたところ、誰かに暴行をはたらいたようだ。拘留はされなかったものの、10ドルの罰金を科せられている。

image via Small Town Noir
image via Small Town Noir

ワンダ&スティーブ・ゾクレ, 1950
ワンダ夫妻とスティーブ・ゾクレは、治安紊乱行為で逮捕された。彼らは同じ年に二度逮捕されている。この時代は、許可なしにミルクバーで酒を販売するのは禁止されていたところを、彼らは破ったのだ。

ソース:
Small Town Noir

このシリーズの他の記事もご覧ください。:
その10年間: 1920年代のマグショット
その10年間: 1930年代のマグショット
その10年間: 1940年代のマグショット
ミュージシャンのマグショット Part 1

written by jeanmendoza on 2011-11-28 #lifestyle #old-photos #1950-s #mugshots #by-the-decade #by-the-decade-mugshots
translated by keni

More Interesting Articles