キクユ族

キクユ族は、ケニヤにキクユ アイユニットを建ち上げた医者と看護婦、そして患者です。
キクユ族の歴史と文化と、彼ら自身によって撮影されたキクユ族の写真を紹介します。

ケニア最大の民族グループキクユ族は、バントゥー語系の農耕民で、 500万人、ケニアの人口の23%を占めています。

Land and livelihood

居住地
キクユ族はケニアに広く分布している。ここで紹介する写真の背景にも写っており、また、農耕と農作物の売買がキクユ族の主な収入源である。

Photo taken on trip to Kikuyu Eye Hospital in Kenya

言語

  • キクユ語: 彼らの母国語である。
  • スワヒリ語: 二つあるケニアの公用語のひとつ。多くのキクユ族に使用される。
  • 英語: もう一つのケニアの公用語。こちらも多くのキクユ族が話す。
Photos taken by patients, doctors, nurses, and the team at Lomography

伝説
何世代にもわたり、口伝によって伝えられた伝説によると、「ギクユ」という名前の男がキクユ族のはじめの一人である。彼は「ンガイ」という神に導かれ、珍しい鳥の住む谷に家をみつけた。その場所はケニヤ山の北西にあたるとされている。

彼と妻のムンバイの間には9人の娘がおり、それぞれがキクユ族のグレートマザーとなった。

Lomography
The LomoKiuyu project は栄養失調や十分な医療を受けることができない現状を改善する為に、2006年からスタートしました。またケニヤのキクユ アイユニットで、もっと多くの眼科医が活動できるようにも支援しています。
詳しい情報は こちら から。ご協力頂ける方はこちらの写真集 Lomo Kikuyu Book をご購入下さい。

written by soundfoodaround on 2011-11-26 #news #charity #hospital #doctors #eyes #nurses #mount-kenya #kikuyu #kenya #kikuyu-eye-center #aid-project #patients #oral-tradition #lomokikuyu
translated by keni

More Interesting Articles