NZ、オークランドのスカイタワー

2

オークランド(ニュージーランドで一番大きい街)の、主なアトラクションといったらスカイタワーです。スカイタワーに登れば息をのむパノラマビューで街全体を見渡すことができます。そして、登らずに外から撮影してもタワーは良い被写体です。

オークランドに到着したらまず目に飛び込んでくるのが、街にそびえる巨大なスカイタワーです。いろんな街にこういうとても高いタワーがあるけど、とりあえずてっぺんまで登って街の全景とその向こうまでも見てやろうって思いますよね。オークランドに寄った際、私達も例にもれずスカイタワーに登って来ました!

Credits: vicuna

スカイタワーはオークランドの真ん中に位置します。ビクトリアストリートとフェデラルストリートの交差点にあるので、まず見逃しませんよ。これは、スカイシティという巨大な複合施設の一部です。この施設には、ニュージーランドで一番大きなカジノとレストラン2つとホテル1つも入っています。1994年から1997年にかけて建設されたこのタワーは、南半球で一番の高さ328mを誇っています。電波塔として建てられましたが、同時に訪れる人々に様々な楽しみを提供しています。

まず182mの高さにあるスカイラウンジにいってみましょう。ここにはカフェとバーがあります。メインの展望台は186mのところにあります。床の一部がガラス製になっていますよ。(ガラスの床は他の部分と同じ強度があり、決して壊れないという事です。それでもその上を歩くのは背筋が凍る思いです・・・。)そこに立てば足元に広がる街の風景から、186mがいかに高いか身を持って実感できます。その上の階、190mのところには回転レストランがあります。194mのところに展望バイキングレストランだってあります!でも真の頂上にはまだたどり着いていません。さらに地上から220mのところ、「スカイデッキ」にも行ってみましょう!オークランド全体を一望できるスカイデッキからの眺めは本当に感動的です。(80km先まで見渡せるといわれています。)空気の澄んだ良い天気の日は、オークランドがいかに大きいかよく見渡せますよ。

Credits: vicuna

アドレナリン全開で、強烈な刺激を求める人は「スカイウォーク」と「スカイジャンプ」をオススメします。(始めのギャラリーの2番目、この上のギャラリーの9番目と10番目を見てください。)つまりタワーの外側、地上194mの屋外にあるプラットフォームに出て、タワーを歩いて一周できるのです。もちろん外に出るときは、それなりの装備をしてガイドも付きますから、安全が保証されています。歩いて回ったあと、タワーからジャンプすることができます。完全に安全が保証された状態で、大きなケーブルを着けてタワーから地面にむかってぶらさがった状態になります。正直いうと、私達はちょっとこの手のことは苦手で、外に出たりはできませんでした。

残るお楽しみは、夜に外からスカイタワーを見ることです。夜のタワーは見事な色のイルミネーションに彩られます。是非ロモグラフィーの長時間露光を試してみましょう。ライトの色は宣伝の目的ごとに変わります。クリスマスは緑と赤、聖パトリックデーは緑一色で、旧正月は赤と金、ラリー・ニュージーランドのカーレース期間は赤、緑、白です。私たちが訪れた時の色は赤と青でした。それはニュージーランドの先住民マオリが新年の始まりと認識している「マタリキ」を祝う色でした。(7月の頭です。)

Credits: vicuna

最後に、タワーのパンフレットの面白いことを転記します。
-スカイタワーは高さは37台のバスを横に並べた分です。
-スカイタワーの重さは象6000頭分です。
-8,765,903足のウエスタンブーツをいっぱいにする分のコンクリートを使って建てられました。
-メインの展望台までの階段は1029段、普通のペースで24分もかかります・・・、でもエレベーターを使えば40秒でいけます(’ー^)b

さらに詳しくはスカイタワーのサイトでチェックしてください。
http://www.skycityauckland.co.nz

written by vicuna on 2011-11-24 #places #night #tower #view #sky #panorama #location #city #travel-destination #travel-tips
translated by mizugoji

Kickstarter

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

2 Comments

  1. vicuna
    vicuna ·

    @mizugoji: thanks for the translation! :)

  2. mizugoji
    mizugoji ·

    i'm thinking about translating all of your stories about NZ...those are so nice!

More Interesting Articles