LomoKino プレゼンツ:足音をおいかけて

あなたの耳にやさしく届くパタパタという足音・・・それはきっとあなたのネコともだち、恋人、子供のものです。そんな愛するもの達を見つめるとき、こころにおだやかな安らぎが訪れます。ほら、あなたの心臓もLomoKinoのクランクとおなじリズムで鼓動していますよ!

白黒のねこ
毛並みの良いねこ自身の視点から、シーンは始まります。このLomoKInoの映像をみていると、私たちまで敏感なひげと耳がピンと立ってしまう感覚をおぼえます。Earl Grey フィルムが、愛すべき雰囲気をさらに演出しています。

Movie by angelhaken

LOMOKINOと歩く
映画「マルコビッチの穴」で、マルコビッチの頭の中に入ったロッテが「わたしもう戻らなきゃ」って叫びましたが、このショートムービーはまさにそんな気持ちにさせられます。まるであの穴に吸い込まれて、ファッショナブルな服を着たこの人の目線で自分を見下ろしているような感覚で、それは他人になり変わった時のように興奮します。fisheye lens もさらにその錯覚を増幅させています 。これは他人体験のために社会学者が巧妙に作った映像じゃないかとすら思います!

Movie by norya

走り抜ける – LomoKino
周りの人の笑顔や、くすくす笑う声、がやがやいう声が聞こえてきませんか?それもこのシーンを構成する大切な要素です。このロモキノグラファーはエネルギッシュなこどもの走りによくついていっていますね!フットボールを持ったちっちゃい子がまるでモーターレースを見ているみたいに頭を返してます。このムービーの主役、巻き毛のヒーローくんが通り過ぎるスピードが、どれだけ早いか良くわかります!

Movie by lomography

この21世紀にアナログ技術をひっさげて映画界に登場した LomoKino は、通常の35mmフィルムを使ってドラマチックかつ創造的な映画が撮影できるLomograpyのムービーカメラです。 マイクロサイト にてLomoKinoで撮影された ムービー をご覧ください。そしてあなたも是非アナログ映画の撮影旅行に出かけましょう!

Lomography Earl Grey は絶妙な風合いをだす35mm ISO100の白黒フィルムです。このフィルムは写真にひとさじの格式とエレガンスを加えます。風景写真でもポートレートでも、 Earl Grey のきめ細かい粒子と陰影の豊かさには、あなたも開いた口がふさがらないですよ。ロモグラフィーのフィルムのラインナップは こちら から

written by soundfoodaround on 2011-11-16 #cat #lifestyle #street #walking #shoes #feet #b-w #b-w #lomokino #lomokino-article-of-the-day
translated by mizugoji

More Interesting Articles