はじめてのLomoKino映画撮影の準備はこちら

LomoKinoと35mmフィルムを手に入れた瞬間に、あなたの可能性がどれだけ拡がっていくか想像してみてください。そう、いまこそロモグラフィーで映画を制作する時です!タランティーノ、ヒッチコック、リンチの次はあなたの時代がやってきましたね!・・・あっ、ちょっと待って、撮影をはじめる前に、とりあえず映画撮影の方法をおさらいしてみましょうか?

今までロモグラフィーのムービーといえば、4つのフレーム( Actionsampler , Supersampler )か、8つのフレーム( Oktomat )の連射カメラがありました。が、いまや私達には LomoKino があります。100枚以上の連続写真を再生してみせますよ!

他のロモグラフィーのカメラ同様、ルールに従ってもいいし、まったく気にしなくてもいい。だからこのやり方は最初のとりかかりのための友人からのアドバイス程度に考えてください。

最初にコンセプト! – 何も考えずに撮影をはじめて、とりあえず周りをぜんぶ撮るっていうのも魅力的だけれど、せっかく144フレームで物語を語る魔法を手に入れたんです。その魔力を有効に使いましょう!はじめに5つのW、Who(誰が)、What(何を)、When(いつ)、Where(どこで)、そしてWhy(なぜ)を決めます。観た人にメッセージを伝えたいとか、とにかく芸術的なものを作りたいと思ったら、良いアイディアからすべてが始まります。

絵コンテを描く。 – これは計画どおりに撮影が進まないうちに、フィルムが終わっちゃってケンカになるリスクを減らします。絵コンテを書いておけば、撮影が思ったように運びやすくなりますから、時間と労力も節約できます。でもロモグラフィー的にいわせれば、そんな中にもサプライズが欲しかったりして。
まあ、思ったとおりじゃなくても逆に喜ぶくらいでいいんじゃないかな(’ー^)b

・・・それか脚本を書く。 – あなたが1から10までカッチリやりたい人でなければ、ざっくり脚本をかくのもいいでしょう。そして現場で直感に頼って撮影をすすめてみましょう。こっちの方が予想しなかった結果になることはたしかです!

仲間をみつける! – 何人かで一緒にやれば、次の事態に対応できます。1)自分のアイデアが行き詰まったとき、2)エキストラの出演者がほしいとき、3)コーヒーを淹れてくれる人がほしいとき。

好みの本、映画、TVCMからインスピレーションを得る。 – 大好きなシーンを再現したり、もっと短いバーションを作るか、違うエンディングにしてみましょう。

Kylethefrench

とにかく何度もトライする。 –  35mmフィルムをいっぱい用意して、思いどおりにLomoKinoを操作できるまで練習しましょう。いろんなタイプのフィルムを試してください!白黒フィルムでラブストーリーを撮影したり、レッドスケールで笑える寸劇、クロスプロセスのスライドフィルムでホラーを撮るのはどうでしょうか。さあ、「レディ・・・アクション!」

ほかにもいいやり方があったらシェアしませんか?下のコメント欄でお願いします!

この21世紀にアナログ技術をひっさげて映画界に登場した LomoKino は、通常の35mmフィルムを使ってドラマチックかつ創造的な映画が撮影できるLomograpyのムービーカメラです。 マイクロサイト, にてLomoKinoで撮影された ムービー をご覧ください。そしてあなたも是非アナログ映画の撮影旅行に出かけましょう!

written by shhquiet on 2011-11-19 #gear #tutorials #analog #35mm #analogue #tipster #lomo #lomography #lomokino #lomokino-how-to #getting-started
translated by mizugoji

More Interesting Articles