簡単にできるパノグラフの作りかた

パノグラフって簡単に作れちゃうし、とても面白いんですよ。簡単な作り方を紹介しますね!

パノグラフとは、いくつかの写真を重ねて作ります。このテクニックでは Lomography Redscale 120 filmLubitel に入れて撮影した写真をつかい、12枚の写真を集めて一枚のイメージを作りました。

パリのエッフェル塔です。

まずはじめに、写真を撮る場所をみつけます。エッフェル塔は高いので、ふもとから撮影したんですが、そこからだとイメージを重ねるには最適でした。

次に、絞りと露出を設定します。パノグラフを完成させることを考えると、この設定は変えずに撮影しましょう。
注意:このパノグラフでは、明るく設定して撮影したので、空を写したときにレッドスケールフィルムの色が変化しました。エッフェル塔に合わせて露出を設定したので、空を写したときに色が変化したんだと思います。でもそれがいい感じのエフェクトになってるでしょ。

3番目にすることは、撮影して、ちょっと移動して、撮影して、ちょっと移動して、撮影して、ちょっと移動して、、(必要な分だけ繰り返しましょう。)

いよいよ本題にはいります。ラボから写真を受け取ったら、いよいよパノグラフを作ります。説明した通りに撮影していたら、たくさんの写真があると思うので、いろんなバリエーションの組み合わせで、パノグラフを作れると思います。

いよいよ、完成したパノグラフをオンラインで共有する方法です!
1,パノグラフを写真に撮る
2,完成したパノグラフがスキャナーに入りきるなら、スキャンする。
3,フィルムをスキャンしたデータを持っているなら、写真編集ソフト(Photoshopのような)を使って、完成したパノグラフと同じように並べてJpegで保存します。そしてその傑作を世界中に発信しちゃいましょう!

Lomography Redscale 120 100 ISO では、暖かな印象である「レッドスケール」の効果を、120フィルムの真四角フォーマットでもご利用頂くことができるようになりました!フィルムを通常とは真逆に装填した状態で撮影するレッドスケールテクニックを手軽に楽しむことが出来るこの120フィルムは オンラインショップ

written by homer on 2011-11-22 #gear #tutorials #art #medium-format #120 #redscale #lubitel #tipster #technique #tlr #panography #panagraph #photostich

The Lomogon 2.5/32 Art Lens lets you widen your world – yet it isn’t any wide-angle lens. Designed to electrify escapades great and small, it’s your ticket to the definitive Lomography aesthetic. Sweet saturation, high contrast, cutting-edge optical quality, unique bokeh, super-speedy aperture mechanism – the Lomogon is the ultimate Lomo eye on the world. Head over to Kickstarter now to discover everything you need to know about our latest invention, and save up to 40% on its final retail price with our amazing Kickstarter specials!

More Interesting Articles