LomoKinoクエスチョン

発売から1週間が経過し、話題沸騰のLomoKinoについてお客様から沢山の疑問をお伺いいたしました。まだまだあなたの疑問を解決しつくせるには及ばないかもしれませんが、代表的な質問にお答えいたします!

Credits: megzeazez

まずは、 マイクロサイト をご覧下さい!
ご購入は オンラインショップ が便利です。


Q: LomoKinoで使えるフィルムは?

A: 35mmフィルムなら、カラー、白黒、ポジ、どれでもOKです!

35mmフィルム?
35mmフィルムを購入する


Q: 現像はどこですればいいの?

A: 「現像」のみでしたら、どこの現像所でもお受けしてもらえます。ただ、動画にするには、データ化した画像が必要ですので、お願いする予定の現像所で承ることが可能か聞いてみてください。もしかしたら35mm1コマ分に4つの画像が入るデータなら受けていただけるかもしれません!もしくは現像したネガをご自身でスキャンする方法もお薦めです。その際は、ロモグラフィーの DigitaLIZA が便利ですよ。


Q: 動画にはどうやってするの?

A:
[ 方法を紹介した記事 ]
== Windowsムービーメーカーを使ったLomoKinoムービーの作り方==
iMovie (Mac OS X Lion)を使ったLomoKinoムービーの作り方
Adobe Premiere CS5 (Win 7)でLomoKinoムービーを作成する方法
Final Cut Pro 7 (Mac OS X Lion)でLomoKinoムービーを作る方法
番外編 : LomoKino パラパラ映画を作ろう!

Q: スペックが知りたいです!

A: シャッタースピードは1/100、画角は54°、絞りはf/5.6, f/8, f/11(各絞り間にストッパー無し)、撮影レンズは25mmです。他のスペックはLomoKinoマイクロサイトの スペック表 をご覧ください。


Q: 動画っていうけど、プリントって出来るんですよね?

A: 現実的に可能です。画像を1コマごと撮影したものをパラパラめくるように切り替えて動画をつくりますので。
1ロール全てを、ということはできるようにはならないです。一部業者ではビュープリントという名前でお受付しているそうですよ。

LomoKino パラパラ映画を作ろう!


Q: LomoKinoってどこで買えるの?

A: 直営店とロモグラフィーオンラインショップからご購入いただけます。一度は初回入荷分が終了し、少しお届けまでお待たせしてしまうこともありましたが、現在緊急追加入荷して、通常出荷になりました。販売代理店様へはご発注があった店舗に随時お送りしています。(もしお近くの店頭でご購入をご希望される場合は、お店の方に聞いてみてください。あなたが欲しいって言ったら入荷を検討してくれるかもしれません。)

公式オンラインショップへ
全国のロモグラフィー商品お取り扱い店舗一覧


Q: どこが作っているの?

A: Lomography です。Lomographyが誇る新製品ですよ!!


Q: 壊れたらどうしよう?

A: 万が一…万が一壊れてしまった時は、ロモグラフィーまでご連絡下さい。そんなことないって心から願っていますが。当製品はご購入から1年間の製品保証付きです。 こちらの連絡先 までお問い合わせください。


Q: 長巻き(長尺フィルム)は使えないの?

100ftフィルムが世の中にあるのですが、これは35mmのパトローネに詰めないと使えません。
失敗することも予想した上で、自己責任で試していただく挑戦、尊敬します!


Q: 拡張アダプターの販売予定はある?

A: 長巻き用アダプタ、交換レンズ、自動ワインダー、ハンドグリップ、映写機など様々なアイデアを頂きましたが、今のところは予定はありません。何せ発売したばかりですので。


Q: ビューアーでカラーネガフィルムは観られますか?

A: 観られますが、反転画です。何かが動いているようには見えると思いますが、通常見る動画のようには見えないです。ポジフィルムを使って、ポジ現像すれば、アニメのセル画をコマ送りでみるようにLomoKino Scopeで動画をお楽しみ頂くことができます!ビューワーをご利用したい場合はポジフィルムを推奨します。


Q: 使い方って難しい?

A: 簡単ですよ!フィルムをセットしたら、レバーをくるくる回しながら撮影します。撮り終ったらフィルムを巻き戻すことをお忘れなく!

LomoKinoのフィルムの装填、距離設定、撮影
LomoKinoで撮影したフィルムの巻き戻し
フラットベッドスキャナーを使ってフィルムをスキャンする
LomoKinoScope ビューワ―の使い方


Q: どんなムービーになるのか、もっと見たいです!

A: VimeoにLomoKinoチャンネルを作りました!心ゆくまでご鑑賞ください。

LomoKinoチャンネルを見る
ベストレッドスケールLomoKinoムービー、3作品
ベスト白黒LomoKinoムービー、3作品
ベストカラーLomoKinoムービー、3作品


Q: 実際に使った人の話が聞いてみたいな

A: いち早くテスターとなったLomoKinoディレクター達のインタビューや、レビューが続々上がってきています。

LomoKino ディレクターインタビュー: Pasquale Caprile
LomoKino ディレクターインタビュー: susielomovitz
LomoKino ディレクターインタビュー: disdis
LomoKino ディレクターインタビュー: Diane Sagnier
LomoKino ディレクターインタビュー: Nadinadu
LomoKino ディレクターインタビュー: eva_eva
LomoKino ディレクターインタビュー: Satomi
かっこいいLomoKinoムービーを撮影する為の10のテクニック
LomoKino レビュー: LomoMovieの世界にようこそ!
アーティスト”She Makes War”、LomoKinoで撮る


他にもご質問がありましたら、コメントで教えてくださいね!

関連記事
LomoKino (ロモキノ) ムービーをロモグラフィーウェブサイトで楽しもう!
LomoKinoの写真を半オートでムービーに変えるロモグラフィー的方法
LomoKino フラッシュアドベンチャー
はじめてのLomoKino映画撮影の準備はこちら
LomoKinoを普通のカメラとして使っちゃおう!
5分(またはそれ以内?)でLomoKinoムービーをデジタル化する方法!

written by kyonn on 2011-11-10 #gear #tutorials #tipster

Kickstarter

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

More Interesting Articles