How Toガイド: Adobe Premiere CS5 (Win 7)でLomoKinoムービーを作成する方法

LomoKino は、35mmフィルム写真の新たなる可能性に原点回帰させてくれる、ロモグラフィーのムービーカメラ。 クロスプロセス写真でコメディー風?レッドスケールでロマンス風?白黒でドラマ?どちらもすてき!どの35mmフィルムを選んでも、LomoKinoで実験的なストップモーションやファンタスティックなモンタージュムービーを創ることが可能です。簡単にあなたがムービーを編集できるように、編集ガイドをご用意しました。

Adobe PremiereでLomoKinoムービーを作ろう!

手順:

1. 検索やプログラムリストより Adobe Premiere を開きます。
2. あなたのプロジェクトの名前を入力して、保存したい場所を選択します。
3. 新規シーケンスウィンドウが表示されます。 作成するあなたのLomoKinoムービーのお好みのフォーマットを選択します。720p や1080p, 一秒間に24, 15 や 30 フレーム等より選択することができます。
4. シーケンスの名前を入力します。
5. LomoKino イメージシーケンスを、プロジェクトウィンドウ内の右クリックメニューまたは、「ファイル」メニューから選択した「インポート」から選択してインポートします。
6. LomoKinoイメージシーケンスのはじめのイメージを選択して、「数字を付けられた写真」のチェックボックスをチェックします。
7. プロジェクトタイムラインにインポートしたイメージシーケンスをドラッグ&ドロップします。ドラッグバーでドラッグしたり、隣のボタンを押すことができ、よりよいオーバービューの為にタイムラインのリサイズすることができます。
8. LomoKinoイメージシーケンスを遅くする為には、右クリックでプロジェクトファイルウインドウにファイルをインポートし、「修正」から「ビデオ読取」でお好みのFPSを「このフレームレートを仮定する」の数値ボックスに入力します。
9. もしあなたのLomoKinoイメージシーケンスが大きかったり小さかったりするならば、タイムラインのLomoKinoムービーをダブルクリックして、「エフェクトコントロール」へいきます。それから「モーション」であなたのLomoKinoムービーに合うように拡大縮小のパーセンテージを入力します。
10. LomoKinoムービーをエクスポートするためには「ファイル」メニューから「エクスポート」で「メディア」を選択します。
11. エクスポート設定でLomoKinoムービーをあなたがエクスポートしたいフォーマットを選択して、あなたのプロジェクト設定に合うようにプリセットを選択します。
12. もし、音楽をタイムラインに付けたいなら、「エクスポートオーディオ」のチェックボックスを選択することができます。「エクスポート」を押すと、ムービーのエンコーディングが開始します。
13. プロジェクトを保存して、Adobe Premiereを閉じます。
14. あなたのムービーを見る準備が完了しました!ダブルクリックすると、再生します。楽しんで!

*部分的に選択する項目名が違う場合がございます。予めご了承の上、予想を加えてお試しください。(ソフトを持っていなかったので)

アナログスタイルのムービーカメラ LomoKino が新発売!36枚撮りフィルムを使用することで約144コマの撮影が可能(再生時約36秒から48秒分)。大切なのは撮り手一人一人の創造力!詳しい情報は マイクロサイト へ。いくつかのLomoKinoムービーは こちらのページ からもご覧頂くことができます。

written by shhquiet on 2011-11-09 #gear #tutorials #35mm #movie #tipster #movie-making #lomokino
translated by kyonn

Kickstarter

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

More Interesting Articles