ストップモーション アニメメーション: メアリー&マックス

1

ストップモーション アニメーションとはキャラクターを、あたかもそれ自身が動いているかのように見せるための撮影技術です。キャラクターは少しずつ少しずつ動かされ、それを一コマずつ撮影します。そしてコマをすべて繋げることによって、動いているように見せるのです。さぁ、そうやって撮影された映画、「メアリー&マックス」を観てみましょう。
このストップモーション アニメーションは2009年のサンダンス映画祭にて上映された作品でもあります。

image via Cinemagora UK

メアリー&マックス はアダム・エリオットが監督・脚本しています。短編アニメの「ハーヴィー・クランペット」でオスカーを受賞した後に、彼はストップモーション アニメーションに挑戦しはじめました。そうして生まれたのが「メアリー&マックス」です。他のアニメ映画にはない、この映画の特徴といえば、ストーリーのなかのバランスです。

メアリー&マックス は、メルボルンの少女メアリーとニューヨークに住む中年の男性マックス、ペンフレンドである2人の友情を描いた作品になっています。監督のアダム・エリオットが実際に20年以上文通を続けたペンフレンドがいたことからこの作品を思いついたそうです。この映画の脚本の執筆は簡単ではありませんでした。アダム・エリオットは彼のペンフレンドからもらった手紙を基に、脚本の草案を書いては訂正し、完成までに一年を費やしました。

image via Karla Kracht
image via Karla Kracht

ストップモーション アニメーションのもう一つの特徴といえば、登場人物を実際に製作するのがとても大変だということです。それぞれの登場人物が、そのキャラクターに合った動きができるようにデザインされています。この映画には、100以上のセット、212体のキャラクター、400以上の小道具が使われています。特に、マックスがメアリーに手紙を書くときに使うUnderwoodのタイプライターは実際に使用できるように作られているという手の込みようなんです。

撮影秘話:

  • メアリー&マックスはオーストラリアで作られた中では2番目となるストップモーション アニメーションを使った映画です。
  • 平均して、一週間で2分半ぶんの撮影しか進めることができませんでした。
  • この映画は全篇を通して写真家 Diane Arbus のモノクロのポートレートにインスパイアされています。
  • ニューヨークのセットを作るには20人がかりで2ヶ月かかったそうです。
  • 登場人物のために2人のデザイナーによって147のコスチュームがデザインされました。

メアリー&マックス が完成するまでに5年かかっています。このような長い行程をへて、この映画は2009年のサンダンス映画祭にてオープニング作品として上映されることになりました。

images via The Kasen, Salty Popcorn, BP, Nico Linux, Image Shack, Thecia, Cinema Sights, Kittenita

映画の予告編をご覧ください。

Mary and Max Trailer from Editorial Pinch on Vimeo.

引用元:
Cinema Sights
Mary and Max Official Website
Animation World Network
IMDB: Mary and Max
Cut. Print. Review.

もし同じようなおもむきのビデオ(ストップモーション アニメーションやSuper8もしくはその他のアナログな動画など)を持っているなら、Lomoのコミュニティーに投稿することができます。今月の リクエスト記事 を見てみましょう。 投稿のしかた を参考にして ピギーポイント をゲットしましょう!この記事を気に入ってしまったあなたには、新商品 LomoKIno もオススメです。

written by jeanmendoza on 2011-11-13 #lifestyle #animation #stop-motion #stop-motion-series #mary-and-max #claymation
translated by keni

Kickstarter

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

One Comment

  1. tame
    tame ·

    wowowo! I just saw this movie on the last weekend!!I cried!

More Interesting Articles