LomoKino ディレクターインタビュー: Nadinadu

若き才能あるロモグラファー、nadinadu 。彼女にテスト用のLomoKinoを渡した後、ムービーが仕上がるのが待ちきれませんでした。彼女が今まで撮ったムービーをどうぞご覧ください!

Credits: nadinadu

名前: Nadine Hess
ロモホーム: nadinadu

あなたのことをちょっとだけ教えて下さい
ええと、実際そんなに言えることは多くないです。私は偶然ロモグラフィーと出会ったただの学生で、すぐに好きになったの!ロモグラフィーは私の物事への考え方を本当に変えたわ。私はカメラだけじゃなくて、すべてにおいてよりアナログになるようにしています。

LomoKinoを5つの言葉で表すと?
LomoKino はオールド・スクール(古い習慣を守る、保守的な、伝統的スタイルの)

LomoKinoのお気に入りの機能や仕様は何ですか?そしてそれはなぜ?
私がLomoKinoについて一番好きなことは…たぶん…ええと…わかりません。難しいです!
全体的なアイデアになるかもしれないけど、古めかしくて、素朴なタッチのフィルムのクールなエフェクトがあること!それか、ムービーと写真が1つのカメラでできること!!つまり、すごくすてきなムービーができなかったとしても、各ショット(または、通常にスキャンしたら4コマ分)を手に入れることができます。 それから、写真のフォーマットが絶対的にすき。ワイドの一種で、どこかHorizonカメラみたい!

どんなLomoKinoムービーを撮影したいですか?
ジェットコースターに乗っている間のムービーが断然撮ってみたい。退屈でとてもクリエイティブなようにはできないかもしれないけど、でも私はいつもジェットコースターの感覚を記録してみたいと思っていたの。 言葉でも、1枚の写真でさえも説明するのは本当に難しいことをもしあなたがライブ体験のように得ることができたら、すごいことだと思う!それから、アナログ映画として別のすばらしいタッチが加わると思う!手すりを持っていなきゃいけないような過激なジェットコースターで落ち着いていられるのは難しいでしょうね。でも、女の子は夢見ることができるでしょ…?

もし、LomoKinoを他の監督に託すとしたら、だれがいい?
選んで、選んで、選んで!!Woody Allen(ウディー・アレン)だと思う。彼の映画は色からテーマからアングルからフィルムになっているものまでいつも何かスペシャルなものがある。彼の映画はいつも魅力的なの…もしあなたが彼の映画について少しだけ私から聞くならこんな感じ。それに、彼はどうにかして目的にかなった方法でこれを使うだろうと思うの。もし彼が私お願いを拒否するなら、Tim Burton(ティム・バートン)が私がお願いしたい間違いなく2番目の人!

これからLomoKinoを使ってみたい方に何かアドバイスを!
LomoKino はこれまでのロモグラフィーカメラとまったく違います!テクニックだけでなく、コンセプトも。私はすべてのシーンを1つのショットに瞬間を記録するのはとても難しいと思います。
だから、まずこのカメラについてよく知って!いくつかテスト撮影をして、でもそれだけで次に向かってしまわないで、すてきなムービーになるにはどうすればいいのか考えて!カメラを使いこなすことは簡単ではないけど、何を期待するべきか知っていれば、これを使ってよりよく動かすことができるから。

それから、それとは別に、ライトコンディションも。個人的な経験から言わせてもらうと、必ずよく光のある、明るい晴れた場所で撮って!2回影の場所で試したけど、あまりよくない結果でした…
それから、もちろん、楽しく!私はLomoKinoで撮影できるオールドスクールな見た目が好き。それから、側であなたがハンドルを回しているとき、どんなに面白く見えるかわかる?みんな、地球で何をしているの?と思ってあなたを見つめ始めますよ。

アナログスタイルのムービーカメラ LomoKino が新発売!36枚撮りフィルムを使用することで約144コマの撮影が可能(再生時約36秒から48秒分)。大切なのは撮り手一人一人の創造力!詳しい情報は マイクロサイト へ。いくつかのLomoKinoムービーは こちらのページ からもご覧頂くことができます。

written by tomas_bates on 2011-11-08 #lifestyle #nadinadu #lomokino-launch #lomokino-director-interview #analogue-lifestyle-lomokino

The Lomogon 2.5/32 Art Lens lets you widen your world – yet it isn’t any wide-angle lens. Designed to electrify escapades great and small, it’s your ticket to the definitive Lomography aesthetic. Sweet saturation, high contrast, cutting-edge optical quality, unique bokeh, super-speedy aperture mechanism – the Lomogon is the ultimate Lomo eye on the world. Head over to Kickstarter now to discover everything you need to know about our latest invention, and save up to 40% on its final retail price with our amazing Kickstarter specials!

More Interesting Articles