LC-A+: 伝統ある名作に敬礼!

LomographyとLC-Aはどっちが先にあったんでしょう。LC-A?それともLomography?実際にはどちらも正解といえるでしょう。
でもLC-AはLomographyの最初のカメラだってことは確かです。そして、LC-Aは最もLomographyを象徴するカメラです。

LC-A+ の見た目はそれほど特別ではありません。でもこの小さな黒い箱の中にすごいパワーを秘めています!

特製のMinitar 1レンズは間違いなくLC-Aの最大の自慢です!欠点といえば四隅が暗くなるビネット効果で、これこそがLomographyのトレードマークになっています。そのガラスの瞳で私達の目よりも鋭く世界を切り取ります。この世の全ての色とその空気感さえ小さな体に取り込む力を持っているように思えます。

機能の面でいうと、じつに優秀な光量計を備え、露出とシャッタースピードをオートコントロールし、夜明けや夕方でもすばらしい写真を撮影できます。焦点距離の設定はポートレートから、海、空まで幅広く可能です。

改良版の LOMO LC-A+ ではMX(多重露光)ボタンが加わり、多重露光撮影も楽しめるようになりました。何枚もイメージを重ねて、あなたの創作力を試してみてください!

さぁ、 Don’t think, just shoot!

LOMO LC-A+ は言うまでもなく有名なカメラです。オートマチックな光量計でシャッタースピードと露出を自動制御します。多重露光も何枚でも可能。ISO100から1600に対応しています。欲しくなってきた? LC-A+ の購入はこちらから!

written by iambb_ on 2011-11-03 #gear #review #analogue #camera #lomography #lc-a #minitar-1
translated by mizugoji

More Interesting Articles