かっこいいLomoKinoムービーを撮影する為の10のテクニック

私はまだ数回しかLomoKinoで撮影したことがありませんが、すでにその仕上がりが病みつきになっています。私は、 他のカメラのチョイス(LC-A+)でいくと、ただの平均的なロモグラファー。でも、この狂った獣は魔法のように描きます。彼と私は、すっかり仲良し。もう次のフィルムまで待てない!でも一方で、初めて撮影したフィルムからたくさんのことを学びました。 – これは、あなたがこれから使ってみる前に知っておいてほしいお勧めの撮り方。

1. 広場 – LomoKinoと共に自由に走り回ろう。スキップしたい気分にさせてくれるよ。やってみて。

2. 明るさと青空 – あればある程いいです。世界がとってもすばらしく見えるような、とてもワイドなLomoKino写真になります。

3. 子供たち – このカメラにとってパーフェクトな被写体といったら、これ。子供がいなかったとしても、このカメラを前に持って見せれば、みんなあなたに寄ってくるでしょう。

4. スピード – 子供たちは、とても速く動くので、あなたも速くレバーを回して撮影しなくてはいけません。そうしないと、彼らが中から外に跳ねているようなムービーになっちゃいます。

5. 笑顔 – このカメラは、誰もをハッピーにします。だから全部の笑顔をこのカメラで捕えて。きっと彼らはあなたのLomoKinoフィルムの中で10倍輝いて見えるでしょう!

6. 近づいて – 近づいて撮って、遠くで撮って。コントラストが本当にすてきなムービーになります。

7. – 少しの間、巻上げを止めて、落ち着いて考え、あなたのフィルムを構成して。そうしないと、フィルムはあなたの役に立つ前に終わってしまいますよ。

8. くだらないこと – 加えて、編集して、いたずらして、描いて、つなぎ合わせて…編集を楽しもう!

9. 共有する – ストップモーションフィルムになった全ての被写体が注目を浴びる日を待っています。

10. たくさんのフィルムを買っておこう – こいつはもうやめられない!

アナログスタイルのムービーカメラ LomoKino が新発売!36枚撮りフィルムを使用することで約144コマの撮影が可能(再生時約36秒から48秒分)。大切なのは撮り手一人一人の創造力!詳しい情報は マイクロサイト へ。いくつかのLomoKinoムービーは こちらのページ からもご覧頂くことができます。

written by lindascott on 2011-11-05 #lifestyle #launch #lomo #lomography #analogue-lifestyle #lomokino #lomography-movie-camera
translated by kyonn

Kickstarter

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

More Interesting Articles