LomoKino パラパラ映画を作ろう!

3

アナログなあなたのライフスタイルでも、パソコンを使わずに簡単にLomoKinoムービーを見る方法があります。タイトルから分かるように、小学生の時、誰もが作ったあの方法と同じ原理。このガイドを読めば、あなたも自分だけのLomoKinoパラパラ映画の作り方が分かります!

LomoKinoスコープを使って見たり、ソフトウェアを使ってムービーを編集するのは、もちろん素敵な動画を作ることができるお勧めの方法。だけど、このパラパラ映画を作れば、いつでもどこでもあなたのムービーを人に見せることができます!下記の方法をどうぞご覧ください:

(1) LomoKinoで撮影したフィルムを現像した後、高解像度で(目安:1200dpi以上)ネガをスキャンします。

(2) 同じサイズに写真のフレームをトリミングします。

(3) 写真をプリントします。 – 現像所でお願いする時は、「サイズ変更なしで」プリントしてもらうようにお願して下さい(これ、重要です!)

(4) 輪ゴム、ネジ、粘着テープ(色々工夫してみて!)を使って、全てのプリントされたフレームを止めます。

(5) 出来上がったパラパラ映画をパラパラして楽しみます!

ご注意ください: ステップ (1) と (2) を省略して、もしあなたが現像所で「現像、スキャン、プリント」を一本分してしまいたい場合は、まずは現像所にLomoKinoのフォーマットについて伝えて、対応可能かご確認下さい。LomoKinoのフォーマットは、35mmフィルムカメラの通常の1フレームに4枚の写真が露光されます。

初のLomoKino パラパラ映画ブック!

アナログスタイルのムービーカメラ LomoKino が新発売!36枚撮りフィルムを使用することで約144コマの撮影が可能(再生時約36秒から48秒分)。大切なのは撮り手一人一人の創造力!詳しい情報は マイクロサイト へ。いくつかのLomoKinoムービーは こちらのページ からもご覧頂くことができます。

written by tomas_bates on 2011-11-03 #gear #tutorials #analogue #creative #tipster #lomo #lomography #lomokino #flip-book #lomokino-flip-book #how-to-make
translated by kyonn

Kickstarter

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

3 Comments

  1. ahiruchan
    ahiruchan ·

    これは楽しそうですね! 息子も大喜びしそう…♪

  2. tame
    tame ·

    @ahiruchanさん、丁度今のアイコンのような子供さんのジャンプなんてとったらきっと素敵に違いないです!

  3. tame
    tame ·

    @ahiruchanさん、丁度今のアイコンのような子供さんのジャンプなんてとったらきっと素敵に違いないです!

More Interesting Articles