A Bit of a U-turn: Lomo Redscale 100 vs Lomo Redscale XR 50-200 (35 mm)

ロモグラフィー社の二つのレッドスケールフィルムについてのちょっととしたストーリー/レビューと、どうやって私の現在と過去のお気に入りが変化したかをお話します。

Credits: kneehigh85

当然のことながら、フィルムの購入前にわたしはこのサイトで写りがどんなものかを確認しました。 Redscale100 で私が望むようなドラマティックなオレンジの色彩の効果を得るにはかなり晴れた日ではないと駄目だと知っていましたが、オーガスト・バンク・ホリデー(イギリスの祭日)の旅行のためにいくつか購入することに決めました。旅行の後、 Diana Mini で撮影した結果を見て、私は大満足でした。

Credits: kneehigh85

その少しあとで、ロモグラフィー・インターナショナルで、オリジナル版より優れた、そしてどんなISOにもフィットして違う効果を生み出すという Lomography Redscale XR 50-200 ISO が紹介されていました。私は LC-A+ のようなISOを設定できるカメラは持っていませんでしたが、そのとき持っていたカメラで違う状況の元撮影すれば私が想像するような結果が生まれるかもしれないと思い、すぐに購入しました。でも、それはとても大きな間違いでした。ある夜、私は酔っ払って、ISO100のカラーフィルムと間違えてそのフィルムをDiana Miniにセットしてしまったのです。結果はひどいものでした!! 

Credits: kneehigh85

この事件で、私は少しがっかりしましたが、めげないことに決めました。2011年のはじめにLC-Aを手に入れたとき、初めての撮影はXRをもう一度試してみる良い機会だと思いました。そのときは、そのカメラに光漏れがあることに気づいていませんでしたが、それを除いても、結果は私が期待していたようなものではありませんでした。まぶしい春の日差しの中で低いISO設定(ISO50だったと思います)で撮影したにもかかわらず、いくつかの写真には違う彩度のオレンジが現れましたが、私が望んでいたような青緑色はまったく現れませんでした。

Credits: kneehigh85

そのときには「もうたくさん。XRとはうまくいかない。」とういうような感じでした。たくさんのレッドスケール100を手に入れて、オレンジの効果がほしいときは、簡素なつくりのカメラでさえすばらしい効果を約束してくれる、それらのフィルムを使うことに決めました。ヨークで行われた会合では新しい LC-Wide を試してみることにしました。いつものように、結果は思っていたとおりでもあり、待ち望んでいたものでもありました。

Credits: kneehigh85

でも、そのフィルムの中にXRを思い起こすような緑の効果がほんの少し表れている写真がいくつかありました。その日はISOの設定を変え得ませんでしたし、ほとんどがまぶしい日差しの中での撮影でしたので、理由はわかりません。でも、わたしはその効果が気に入りました。

Credits: kneehigh85

これがきっかけで元祖版のレッドスケールをやめる気にまではさせられませんでしたが、元祖版が手に入れにくくなってきていることと乗じて、XRをもう一度試してみたいという気持ちが生まれました。そこで、ニューヨークへの休暇へ一本持って行くことにしました。こんな最高の街で正義が下されないのなら、どこへ行ってもダメだろうと思ったからです。今度は、がっかりさせられることはありませんでした。LC-A(光漏れは修理しました)にXRをセットし、ISO200から25まですべての設定で試してみたのです。その結果に私は身震いしました。

Examples of photos I took at 200, 100, 50 and 25 ISO

何も私のレッドスケール100への愛を変えることはできませんが、それと同じぐらい私はXRが異なる状況下で発揮する柔軟性に魅入られていると言えるでしょう。もし、あなたが新米さんなら、両方を試してみることをお勧めします。どちらもユニークな魅力を持っていますよ。

Lomography Redscale XR 50-200 35mm はISOの設定でそれぞれ異なった効果の調整を可能にします。明るく暖かい赤のトーンに光を放つ写真も、クールな青みを加えた写真も、すべて、1つのフィルムの内でできます。よりクリエイティブなコントロールと、無限の可能性をあなたに。
ほかのフィルムを 見る

目を見張る程の「赤」、「オレンジ」、「黄色」のトーンを楽しむ事ができる Lomography Redscale 100 35mm film は、通常の35mmフィルムと同様、一般的な現像所でも現像が可能!ただフィルターを通して撮影した写真とは違い、被写体や、光の加減、撮影状況等で様々な色の変化を見せます。予測不可能な面白さ!偶然の産物を楽しんで見て下さい。35mmフィルムを使用できるカメラならばご利用頂けます。
ほかのフィルムを 見る

written by kneehigh85 on 2011-10-30 #gear #review #lc-a #redscale #lomo #lomography #redscale-film #xr #user-review #requested #u-turn
translated by ycontrol92

More Interesting Articles