Super 8: 簡単な歴史

Super 8カメラは、その使いやすさから、一般家庭では定番のカメラでした。でもSuper 8って一体どんなカメラなのでしょう?Super 8の歴史を見てみましょう。

ホームムービーはほとんどの家庭では定番となっています。毎日のひと時を切り取るホームメイドムービーを撮るというコンセプトは1923年に始まりました。でも、当時のフィルムフォーマットは、まだまだ貴重で高価なもので、みんながホームムービーを撮ることができたわけではありませんでした。数年の発展の後に、イーストマンコダック社が16mmフィルムをつなぎ合わせて8mmフィルムフォーマットを作りだしたのです。これにより、16mmフィルムはプロフェッショナルフィルムメーカーの間で使われ、8mmフィルムはホームムービーを撮影する一般ユーザーに使われるようになったのです。1950年代の初頭には、ほとんどの家庭が8mmフィルムカメラを所有し、その生活の一部を切り取るようになったのです。

images via BillyFire and Aticles Base

何年か経ち、さらなる技術の発展がSuper 8フィルムを生み出すことになります。ビルト-インフィルタ、より小さなサイズのスプロケット穴とフレームのコーナーのパーフォレーションといった改良が加えられました。これらの改良は、よりクリアな映像、大きなフレームサイズや8mmフィルムの全体的なクオリティの向上の為に加えられたのです。Super 8フィルムはイーストマンコダック社による改良の結果、生み出されました。それ以来、Super 8フィルムでのホームムービーを撮影することは、子供から大人になっていく貴重な経験の一部分となったのです。

これはSuper 8フィルムフォーマットで撮影された動画です。:

Arch Hill Recordingsの YouTube 動画

現在多くのフィルムがデジタルで撮影されていますが、まだまだSuper 8を撮影に使用しているフィルムメーカーも存在しています。さらにはSuper 8のプロモーションのための映画祭もあったりするのです。たとえどんなにテクノロジーが進んでも、そのルーツである往年の機材にこだわり、フィルムで撮影する人々はたくさんいるのです。

written by jeanmendoza on 2011-10-30 #lifestyle #movie #kodak #super-8 #8mm-film #home-video
translated by hanahana

Bringing an iconic aesthetic to square format instant photography, the Diana Instant Square fills frames with strong, saturated colors and rich, moody vignetting. Built to let your inspiration run wild, our latest innovation features a Multiple Exposure Mode, a Bulb Mode for long exposures, a hot shoe adapter and so much more! It’s even compatible with all of the lenses created for the Diana F+ so that you can shake up your perspective anytime, anywhere. No two shots will ever be the same. Back us on Kickstarter now!

More Interesting Articles