Super 8: 簡単な歴史

Super 8カメラは、その使いやすさから、一般家庭では定番のカメラでした。でもSuper 8って一体どんなカメラなのでしょう?Super 8の歴史を見てみましょう。

ホームムービーはほとんどの家庭では定番となっています。毎日のひと時を切り取るホームメイドムービーを撮るというコンセプトは1923年に始まりました。でも、当時のフィルムフォーマットは、まだまだ貴重で高価なもので、みんながホームムービーを撮ることができたわけではありませんでした。数年の発展の後に、イーストマンコダック社が16mmフィルムをつなぎ合わせて8mmフィルムフォーマットを作りだしたのです。これにより、16mmフィルムはプロフェッショナルフィルムメーカーの間で使われ、8mmフィルムはホームムービーを撮影する一般ユーザーに使われるようになったのです。1950年代の初頭には、ほとんどの家庭が8mmフィルムカメラを所有し、その生活の一部を切り取るようになったのです。

images via BillyFire and Aticles Base

何年か経ち、さらなる技術の発展がSuper 8フィルムを生み出すことになります。ビルト-インフィルタ、より小さなサイズのスプロケット穴とフレームのコーナーのパーフォレーションといった改良が加えられました。これらの改良は、よりクリアな映像、大きなフレームサイズや8mmフィルムの全体的なクオリティの向上の為に加えられたのです。Super 8フィルムはイーストマンコダック社による改良の結果、生み出されました。それ以来、Super 8フィルムでのホームムービーを撮影することは、子供から大人になっていく貴重な経験の一部分となったのです。

これはSuper 8フィルムフォーマットで撮影された動画です。:

Arch Hill Recordingsの YouTube 動画

現在多くのフィルムがデジタルで撮影されていますが、まだまだSuper 8を撮影に使用しているフィルムメーカーも存在しています。さらにはSuper 8のプロモーションのための映画祭もあったりするのです。たとえどんなにテクノロジーが進んでも、そのルーツである往年の機材にこだわり、フィルムで撮影する人々はたくさんいるのです。

written by jeanmendoza on 2011-10-30 #lifestyle #movie #kodak #super-8 #8mm-film #home-video
translated by hanahana

More Interesting Articles