Lomography CN 400 120 film : 瑞々しい色

1

LomographyのISO400 120カラーネガフィルムは、いとこである35mmのフィルムと同じく優れたフィルムです。言い換えると、このフィルムは明るく、カラフルで、頼りになるやつだってことです。このフィルムを使ってみようと思うまで、なぜこんなに時間がかかったのか、自分でもわからないよ!!

Credits: russheath

ずっと Lomography カラーネガ 400 35mm フィルム を愛用していたのに、 中判フォーマットのカラーネガ400フィルムDiana F+ で試すまでにこんなに時間がかかったことに自分でも驚きです。

Credits: russheath

まだ、120フィルムの経験は限られていますが、35mmフィルムのほうはたくさん使ってきました。印象的な写り、飽和色、鮮やかなグリーン、明るい赤といった様々な点において、この二つのフィルムはほとんど同じように働くと言っても過言ではないと私は思っています。

Credits: russheath

私にとって、ISO400のフィルムは最もDiana+と好相性のフィルムです。このフィルムは「本物」の400フィルムの働きをするので、露出設定のことをあまり考えずに撮影できるのです。それに加え、露出が暗すぎたときには35mmフィルムと同様、さらに力強く印象的な写りになります。

Credits: russheath

まだあまり使用経験のない Lomography CN 800 film と、400を比べてみると色にはあまり違いはありませんが、写りの感じは400の方がより力強くなります。そして、もちろん、高感度フィルムとしては粒子がとても細かく、その点が800のフィルムとの大きな差といえます。

Credits: russheath
Credits: russheath

その露光の範囲は、多重露光をしやすく、露出を許容範囲内にしてくれるほど、幅広いものとなっています。

Credits: russheath
Credits: russheath

120フィルムはスキャンする際にも、湾曲が少なくすみます。

まとめると、このフィルムは私がロモグラフィーのカラーフィルムに期待していた通りの鮮やかな写りを実現してくれる、本物の ISO 400 color negative film だということです。このフィルムが、35mmの弟分として、私の主要フィルムになったとしても、まったく驚きではありません。

Credits: russheath
Credits: russheath

Lomography Color Negative 120 400 film このLomography 120/400 フィルムは、日中の撮影の際、生き生きとした鮮やかな色と優れた彩度とコントラストを実現します。低照度下の状況でも、光の状況を心配することなく撮影することができます。他の Lomography films も忘れずにチェックしてくださいね。

written by russheath on 2011-10-11 #gear #medium-format #120 #review #square-format #iso-400 #lomography #favorite #user-review #requested #lomography-cn-400-120 #fast-color
translated by ycontrol92

More Interesting Articles