アナログ写真に関する5つの質問:007-0815-Styler

最新シリーズ「アナログ写真に関する5つの質問」は同じ5つの質問をフォトグラファーの方々にインタビューする企画。今回お答え頂いたのは、David Wilms というよりも 007-0815-Styler として知られている彼がスタイリッシュな写真とともに質問に答えてくれました。

名前: Styler aka 007-0815-Styler
職業: 写真家
国: ドイツ

1. あなたのことを教えて下さい!
007-0815-Stylerです。ニックネームはStyler。本名はDavid Wilms。ファッションフォトグラファーとしておもに中央ヨーロッパやドイツで活動しています。もちろん前科なんてありませんよ。

Stylish!

2. なぜ今もアナログ写真を撮っているのでしょう?
アナログで撮影することで、毎日の仕事でデジタルを使う私と、Stylerとしての私のバランスがうまくいくんです。ファッションフォトグラファーという生き方は高速道路にいるようなもので、反対にLomographyだと落ち着いて、伝統的なやり方で撮影するという選択肢になります。撮影したあとに300%に拡大して確認したり、レタッチしたりしないですからね。アナログで撮影したらラボで現像されるまで待たないとどんなものが撮れているのかわからないでしょう。現像されたフィルムっていうのは私にとってちょっとした贈り物みたいなもんなんです。

3. あなたのバッグにいつも入っている写真機材は何ですか?(カメラ、フィルム、アクセサリー)
どこに行く予定かでちがいますね。晴れた日にはすべてのロモカメラがStylerの相棒です。でももし太陽のない日であればフラッシュのあるカメラが必要になってきます。今Stylerが一番気に入っているカメラは La Sardina かな。
このカメラの写りかたやちっぽけなsardineが可能にするフラッシュなんかのスタイルが好きですね。でも LC-A+ , Fisheye , Sprocket Rocket なんかも好きだし、中判カメラの DianaHolga も好きですね。たいていの場合フィルムはクロスプロセスしてます。お気に入りのフィルムは Kodak EktachromeとFuji Sensiaかな。以前は Agfa RSX IIだったけど。あとそれにLomography Redscaleもなんかもすごくいいですね。ただひっかき傷とか不完全さがあって、ダーティーなフィルムだけどね(笑)

4. あなたが撮るような素敵な写真にする為のテクニックを教えて下さい!
テクニック??「考えるな!」(Don’t think, just shoot)って大切だよね。それに十分な光があることもロモ製品を使う上では重要だね。でもそれってテクニックとはいわないか。テクニックといえば、一回撮ってみて、もしあんまり良くなかったな、まちがえたなと思ったんならもう一回撮るってことだね。多重露光する。それって結構いいよ。

Credits: 007-0815-styler

5. あなたに影響を与えたフォトグラファーは?
難しいね。でもStylerはTerry Richardson, Nobuyoshi Araki, David La Chapelle, Estevan Oriol, Peter Lindberghなんかの大ファンだよ。どういった影響を受けているかはよくわからないな。思うに、Stylerは彼の周囲の環境から影響をいちばん受けていると思うよ。友達、アーティスト、音楽、映画やイベントなんかだね。

Stylerどうもありがとう!
彼の作品は LomoHome もしくは website または blog からもご覧になれます。

written by zonderbar on 2011-10-15 #lifestyle #interview #analogue #photography #007-0815-styler #5-questions-series #david-wilms #styler
translated by keni

More Interesting Articles