タングステンフィルムよ、なくならないで!

富士フィルムのT64の生産終了により、多くの人々がこれからのタングステンフィルムの未来について心配していたでしょう。でも大丈夫。ロモグラフィーからタングステンフィルムが誕生しました!

Images by lichtblick

タングステンフィルムは、その低い感度から長時間露光に適しており、長らく夜間撮影に適したフィルムとして人気を集めていました。街の明かりの黄色やオレンジ色と色のバランスを取り、通常の色のトーンになります。

数カ月前、富士フィルム社は、今後のフィルム生産に関する発表をしました。今年4月に、Fujichrome CDU IIフィルムの生産終了、6月にはFujichrome T64タングステンフィルムの製造終了が決定したのです。その他にも多くの種類が生産終了の対象となりました。この決定の背景には、ここ何年かのフィルムの市場は縮小やこれらのフィルムの需要の減少にあります。彼らは、より人気のあるプロフィルムのラインにフォーカスを置くことを決め、製造終了となったフィルムは、在庫がなくなり次第、販売終了となっています。

フィルム好きにはなんとも悲しいニュースですが、今回のこのニュースはあなたに希望を与えるものだったにちがいありません。だって、ロモグラフィーにそのタングステンフィルムが登場したのですから!

Lomography X Tungsten 35mm Tungsten フィルムEarl Grey Black & White 120 フィルム

ロモグラフィーフィルムに加わった新しいファミリーを歓迎しましょう!
*Lomography X Tungsten 35mm* フィルムは限定生産、そして、白黒フィルムである *Earl Grey Black & White 120* も同時に発売しています。タングステンフィルムは限定期間しか手に入りませんので、お買い逃しないようご注意くださいね。とにかく一回撮ってみないと分からないですよ!

written by nyebe on 2011-09-30 #news #film #35mm #fujifilm #news #announcements #fujichrome-t64 #tungsten-film
translated by kyonn

More Interesting Articles