太陽をみよう!

太陽をまっすぐに見つめてみたいなって思ったことありませんか?
でも眩しすぎてできたことがない。
Lomographyのカメラならそんなことだってできちゃうんです。

太陽を直接みるのは目によくないですよね。さて、今回はそんなアナタのために太陽のまばゆい光をみるテクニックを紹介します。カメラの種類、フィルム、レンズによって太陽の光はいろんな効果を生みだします。そして太陽の光の強さによっても、いろんなイメージの光がとらえられます。

閃光みたいな光が写ることもあれば、ヤサシイ光のこともあります。どんな風に写るのかは、撮りたいイメージに最適な光をみつけて、完璧なコンビネーションで撮影すること、それにかかっています。

私はというと、 スライドフィルム で撮影するのが好きです。クロスプロセスしたときにはほんとうに感動するような色が出てますからね。ワイドアングルな Sprocket Rocket が一番魅力的です。パノラマビューがみれますから。

ここに今までに撮った写真があります。 白黒フィルム を使って実験的に撮影したこともあるんです。最近はKodak Professional 400CN B&Wを Diana Mini にいれてますね。

それじゃあやってみてください!もちろん撮った写真はアップしてくださいね!
Don’t think, just shoot!!

written by isyraf on 2011-10-10 #gear #tutorials #art #tipster #quickie-tipster #glare-xpro-lighting-diana-mini-chicago
translated by keni

More Interesting Articles