フォトコンペティションのためのちょっとしたコツ

被写体の構図は写真の全体的な出来上がりを左右します。出来上がりの写真のクオリティを良くするためのガイドラインがあるんです。そのコツをご覧ください!

写真の構図をどうしようか考える時、考えれることはたくさんあります。写真の主な焦点は目立たせたい被写体でないといけないわけですが、その写真の出来上がりをよりよくできる方法がいくつかあるんです。あなたの助けになるであろういくつかのコツご覧下さい。:

パターンを探す
周りを見渡すと、色々なパターンを見つけることができると思います。見つけたパターンを写真の構図に加えると、その写真はもっと面白いものになるんです。下記の写真はパターンの入った写真の作例です。

Credits: fivedayforecastanarchyaim2run & sexyinred

テクスチャで遊ぶ
テクスチャを写真に入れるというのもその出来上がりをさらに良くする1つの方法です。模様もテクスチャも両方どこでも見つけることができます。木、水、火、砂利や写真に入れるといい感じになりそうなものすべて使ってみれば良いんです。こちらの作例をご覧下さい!

Credits: icuresickchippodisdisferbii & clickiemcpete

ライン
写真でのラインは被写体へ視線を向けるのを助けることができます。ラインは周辺のものからでもいいし、露出で遊んでみて光のラインを写真に作ってみるのもいいと思いますよ!ラインを入れた素晴らしい作例を見てください。

Credits: sugiyamasatomiaaperturamephisto19pelaurendeau & maneke

これらは写真の構図を考える際のコツでしかありません。すばらしくて面白い写真を作りだすルールを、みんな自身で作ることだってできるんですよ!

written by jeanmendoza on 2011-09-28 #gear #tutorials #lines #texture #tipster #pattern #quickie-tipster #photo-composition
translated by hanahana

More Interesting Articles