私の毎日にLC-Wideがやってきた!

5月19日に発表されたLOMO LC-Wideはあなたのイマジネーションを解き放つステキな機会をもたらしてくれます。

このLOMO LC-Wideの新しい特徴の一つが、17mmの高品質Minigon 1 Lensです。このレンズはどのロモグラファーからも熱望されるような 鮮やかな色彩、強いコントラストを生み出します。

この2ヶ月間私は幸運にも、この小さくも宝石のようなカメラを試す機会に恵まれました。このカメラを使うと、このカメラを作るために沢山の時間や努力が費やされたことが伝わってきます。多重露光、沢山のフォーマット、長時間露光、マスク装着などが可能なだけではなく、カメラに慣れるにつれあなたは沢山のトリックを発見していくことでしょう。

Negativo color Agfa Pro200

小さめのウィンドウは私が気づいた事の一つ、特に私が一番最近撮影したフィルムで目立っていた特長です。これは、カメラのウィンドウを通して私たちが見る風景は、17mmレンズによって実際にフィルムに写されるものより、若干小さいということです。被写体に十分近づき、その風景の一部を感じとることがコツです。このカメラは沢山の素晴らしい物語を語り、行動を起こし、ピュアな現実世界を感じるためのベストパートナーとなってくれます。

Redscale

露出計は双子の姉妹のLC-Aものと似ていて、休むことなく働いてくれます。時々、使っているフィルムよりも少しだけ低い数値の露出設定で写真を撮ってみましたが、それによって面白い光のトリック -より細かい影のデティールと少しだけ露出過多な写真-が写されることがわかりました。

私はほとんどの場合一番のお気に入りである24×36mmの通常フォーマットで撮影しましたが、正方形やハーフフレームも面白いですよ。ハーフフレームは通常より多くの枚数を撮影できるとても有効な手段です。これらが新しいLC-Wideの機能です。

Black and White

LC-Wideは毎日持ち歩くのに最適なカメラです。クローズアップや、ポートレイト、風景写真、どんな場面でも安心して使えます。これは両手に収まる、控えめで、エレガントで、丈夫で、小さく、軽く、そして時にはセクシーなカメラなのです。このカメラを通じて沢山の人と出会えることでしょう。特に「それ、デジタル?」なんて聞かれたときはチャンスです。

答えはいつもこう。
「未来はアナログなのです!」(”The future is analogue!”)

頑張れロモグラフィー! LOMO LC-Wide よ永遠なれ!

LOMO LC-Wideのショップページへ

written by pasqualecaprile on 2011-09-26 #gear #review #lomo #lomography #presentacion #lomografia #angular #lc-wide #camara-misteriosa
translated by ycontrol92

More Interesting Articles