ユーザレビュー:Diana F+

Diana F+はオテンバだけど、楽しいカメラです。

一番よく使ってるカメラは LC-A+ です。
小さいから持ち運びも便利だし、オートでシャッタースピードも決めてくれるので、撮りたいと思ったものをすぐに撮影できる。
でもたまには変化球が投げてみたくなって。

そんな時に、 Diana F+ を使ってます。
そういえば一番はじめに買ったトイカメラはDiana F+でした。
レンズやアクセサリーもいくつか買っていたけど、 LC-A+を手に入れてからは出番がめっきり減っていました。
最近、改めてDiana F+を使ってみて、その面白さを再発見しました。

DianaF+ を使う場合、たいていの場合は 35mm back55mm Wide-Angle lens をつけています。
スプロケット穴まで写る正方形の写真がいい感じなんです。

でも問題もあって、 35mm back を使うともともと120フィルム用に設計されているカメラなので、ビューファインダーが全く役にたたなくなるんです。
最初のうちはそれがわかってなかったんでけっこう失敗もしました。

撮りたかったものがきれちゃうんですよね。
でもまぁ、そんなオテンバなとこも魅力の一つということで。
慣れればなんとかなります。

ちなみに 38mmのレンズ を使えば Diana F+ のビューファインダーで覗いたのとほぼ同じような写真にできあがる、らしいです。

それと今いちばんはまってるのがピンホール撮影。
まだあんまり使ってないんですが、飲み会の時なんかに試してみたい機能です。

Diana F+ 、楽しいカメラですよー。

written by keni on 2011-09-13 #gear #review #35mm-back #diana-f #55m-wide-lens

More Interesting Articles