「今日ときどき昨日 のち明日」の話。

4

やぁ、こんにちわ!
↑ 誰かが見てくれるかもしれないから、まずは挨拶してみました。

今回はボクがLomographyを始める始めるキッカケになったエピソードを書こうと思うんだ。
アナタがフィルムに時間を焼き付けるように、ボクはこの記事に初心を書き付けておくよ。

Credits: jolgio-lion-cafe

3.11東日本大震災。
友人であるジュンは仙台で被災したんだ。幸いにも彼は怪我もなく無事でした。
しかし街が元の姿を取り戻すには長い時間がかかります。

そして少し時は進み、翌年のお正月。
ジョンと、同じく友人のタマちゃんがボクの家へ集まりました。

Credits: jolgio-lion-cafe
Credits: jolgio-lion-cafe

話題は尽きなかったなぁ。
震災直後のこと。復興途中の現在のこと。10代だった時のこと。 これからのこと。
そうしてボクらは、日常の美しさや尊さに気付いたんだと思う。
...いや、そんな大げさなものじゃないかなぁ。

「明日は今日になって、昨日になっていく」
そんな当たり前のことを発見したんです。

ハードディスクいっぱいのデータも、何かの拍子に跡形も無く消え去ってしまう。
これではいけない。日常をデータではなく、カタチに残さなければ!

誰のためというワケでなく、他の誰でもなく、
ボクらがそこにいたことや何か思ったことを残さなければ!!

この頃タマちゃんは雑誌の付録で、組み立て式の二眼レフカメラを手に入れていたんだ。
これが写真部最初のカメラとなった。 (今は壊れちゃって他のカメラを使っているけど)
そう!まだ少ししか経っていないけど、写真部を作るほどに仲間が増えたんだよ!

この発見を写真部のみんなに強要するつもりは微塵もないよ。
でももし共感してくれるならそれは最上の幸せ。
(もちろんここまで読んでくれたアナタも含めて)

この発見から数ヶ月経ちましたが。
やっぱり今でも変わらずファインダー越しの誰かが笑っていて欲しいと願ってる。
その時ボクも笑っていたいなぁ。或いは泣いてしまってるかもしれないけどね。

Credits: jolgio-lion-cafe

written by jolgio-lion-cafe on 2012-04-30

4 Comments

  1. cotonohacafe
    cotonohacafe ·

    元気を分けて頂けるような記事、ありがとうございます^^

  2. jolgio-lion-cafe
    jolgio-lion-cafe ·

    >cotonohacafeさん
    コメントありがとうございます。
    "ロモっぽい”記事の書き方をしてみましたが、どうもしっくり来ません(笑)。
    次回からはフツーに書いてみます。

  3. npkishi
    npkishi ·

    「写真部」いいですね!私もたぶんタマちゃんと同じ付録の二眼レフカメラからフィルムカメラにはまりました。猫ばっかで自分でも馬鹿みたいと思ってましたが、自分が大切に思っている日常を撮ってるんだと思えました…

  4. jolgio-lion-cafe
    jolgio-lion-cafe ·

    >npkishiさん
    あの二眼レフは、フィルムの素晴らしさを教えてくれた記念すべきものです。猫ばっかで良いじゃないですか!ボクはまだ撮り続けたいと思える被写体に出会えてない。本当に大切なモノ、それはファインダー越しに探していきたいと思ってます。