Have an account? Login | New to Lomography? Register | Lab | Current Site:

自分で現像してみよう!

★Self development★

クロスプロセスを手軽にやりたくて、ついに自分で現像してみる事にしました。
手探りで実験的ですけど、なんとか現像出来ました!

今回揃えた道具は

・ナニワカラーキットN
・液温計
・クリップ
・スポンジ
・攪拌棒
・LPL現像タンク、リール

最初にナニワカラーキットNで発色現像液と、漂白定着液を調合しておきます。調合した溶液はペットボトルなどの容器に入れておきます。

一方、撮り終わったフィルムは暗い場所(出来ればちゃんとした暗室か、ダークバックを使うといい)で、現像タンクリールに巻きつけます。タンクのふたを閉めたら明るい場所に出しても大丈夫!

ここからはかなり手探りで、もっといい方法もあると思うのですが私は、

現像タンクに32°に保った発色現像液をサッと流し込み、タンクの底をコンコンと叩いて気泡を取ります。
すかさず倒立攪拌(両手で持ってゆっくり回す)を30秒間続けます。
その後もタンク内の温度を保ったまま、30秒間おきに10秒間、倒立攪拌します。

そんな感じで5分経ったら現像液を容器に戻します。

次に漂白定着液を入れます。定着液の時も現像発色液の時と同様の処理を、今回は6分間かけてやります。

6分たったら定着液を容器に戻して、タンクを開け流水でフィルムを水洗いします。

その後フィルムをクリップに付けてスポンジで優しく拭いたら乾くのを待って完成!!

かなりはしょった感じですけど、大体こんな感じです。

思いがけない雰囲気の写真が出来ました!
自己責任で試してみて下さい。


関連記事
クロスプロセスって何?-
クロスプロセス現像したフィルムのスキャン:ビデオチュートリアル
Lady Grey フィルムの自家現像時間チャート

written by img

No comments yet, be the first

Read this article in another language

This is the original article written in: 日本語. It is also available in: Nederlands, English & Deutsch.