Black_friday_en
Have an account? Login | New to Lomography? Register | Lab | Current Site:

Fisheye with Tiger 200 VS Diana Mini with X-Pro 200の戦い

半分くらい余っているフィルムが複数のカメラに入っていて、使い切ってしまいたいなんて思っていませんか?ちょっと遊んでみませんか?ラボに行く途中で、どんな写真が撮れるのか比較する写真を撮ってみましょう。方法はとても簡単:同じ場所で、おなし写真を、同じ瞬間に撮影―でも、違うカメラと違うフィルムで!そうすると予測できない面白い比較ができるのです!

時々、最後に撮った写真をすぐにでも見たいって気持ちになるでしょう。撮り終わってないフィルムがあるけど、それを無駄にはしたくない。想像力を使いましょう!素早くできて面白いことは?セルフポートレイトをたくさん撮ったり、ペットの写真を撮ったするか、それとも、ロモカメラであなたの人生を二つの方法で見てみましょうか。

愛しの Diana Mini Lomography X-Pro Slide 200 35mm film 入れて、新しい Baby Fisheye には Lomography Color Tiger ISO 200 110 film を入れてみました。

Lomography Gallery Store に向かってる途中にこのアイデアを思いつきました。:良い被写体を見つけた時に、どのカメラがあっているかファインダーを覗いて比べていました。そこで、両方のカメラで、同じ場所で、同じ状況で、同じ写真を撮影しようと決めました!

写真の仕上がりには驚かされました。カメラを比べると、Fisheye Babyでは、ファインダーで見るよりもフレームが広く、被写体から離れなくていいということが分かりました。クローズアップやまっすぐなものを撮るのに適していて、フレーミングも完璧でした!Diana Miniの方が写りはよりシャープで、ノスタルジックなフレームになります。用途にちゃんと合わせれば、素晴らしい写真が撮影できます。

反対に、X-Pro Slide 200ではコントラストが強く表れ、青と緑を際立たせ、余計な光も必要ありません。Tiger 200では、自然な風合いにレトロな雰囲気を足すことができます。シャープさを加えることもできますが、暗くならないように、たくさんの光が必要になります。その日のFisheye Babyとの相性は最高でした!

私はまだまだアナログフォトグラフィーの初心者です。それぞれのフィルムの仕上がりを見るたびに、少しずつ学んでいて、この実験をしてとてもよかったと思っています!

フィルムを終わらせたい時、あなたならどうしますか?ぜひ教えてください!

written by nubesdecolores and translated by 54070

No comments yet, be the first

Read this article in another language

The original version of this article is written in: Spanish. It is also available in: English.