Lca_120_september_2014_header
Have an account? Login | New to Lomography? Register | Lab | Current Site:

多才なワイドアングル・モンスター:Lomo LC-Wide

ワイドに撮れる、多才なカメラはLC-Wideだけ。最近、二本のフィルムで、このカメラで出来る事を全て試してみたの。言わせてほしい事があるの:たくさんね!

新しいカメラを買うために、お金をセーブしていたんだけど、 LC-A+LC-Wide の違いがどんどん見えてきちゃったの。もちろんLC-A+は、究極のロモカメラだけど、LC-Wideは、ワイドアングルで、ちょっとだけスペシャルで多才なのよね。ラッキーな事に、 mrmaart から、 LC-Wide を少しの間貸してもらえる事になったの。

二種類のフレームで撮影、一つはハーフフレーム・もう一つは、スクエアの写真。仕上がりは、驚くものだったわ!これらのフレームでは、36枚スクエア写真・74枚ハーフフレーム写真を撮る事ができます。だから、 LC-Wide は、 Diana Mini みたいな感じだとも言える―違うサイズのフォーマットが使える点ではね。でも、よりシャープなレンズ、軽さ、それからもちろん、ワイドに撮る事が出来る違いがあるの。

他のオプション的な、ハーフフレーム機能の楽しみは、部分的に重ねて写真が撮れること。この機能を使えば、上に載せたエンドレスなパノラマ写真や、2種類、もしくはそれ以上の写真を組み合わせる事が出来るのよ。この事については、この記事を読み続ければ、より詳しくわかるわ。MXボタンを使って、“一般的”な二十露光の、素敵でサプライズな写真を撮る事ができます。

LC-Wide の素晴らしい点は、焦点距離。LC-A+だと、0.8m (30 インチ)以上は、被写体に近づく事はできません。LC-Wideには、二つの距離設定が付いています:0.4m – 0.9mと 0.9m –無限遠。だから、LC-A+よりも、0.4m近づく事が出来ます。赤ちゃん鳥が訪ねてきたときに、すごく便利な機能なの。

その他にも驚くべき点があって、 LC-Wide は室内でも良い写真が撮れるの。LC-A+(2.8レンズ)よりも、光に強い4.5レンズを搭載しているから。ぼやけた写真になってしまわないかと、心配していたけど、フラッシュ無し、400 ISOフィルムでも、なんの問題も無かったの。

ワイドレンズの好きな所は、写真の真ん中に焦点が定まるところ。だから、被写体が真ん中にある事が大事なの。写真の角は、少しゆがんで、ぼやけるけど、そうする事で、被写体にうまく焦点が定まるの。

ただ一つ欠点を言えば、splitzerのオプションが無い事。この機能だけが、好きなところなんだよね。だから、 LC-A+ のために、お金をセーブしようって決めたの。

Splitzer機能が欠けていても、 LC-Wide は、本物のワイドアングル・モンスター。このカメラと過ごした一週間を通して、わかった事があるの:絶対に、このカメラを手に入れなければいけない!

written by desibel and translated by pamiyu

No comments yet, be the first

Read this article in another language

The original version of this article is written in: Nederlands. It is also available in: 中文(繁體版), 中文(繁體版), ภาษาไทย & English.