Have an account? Login | New to Lomography? Register | Lab | Current Site:

Lomo LC-A+との1年

Lomo LC-A+を使ってもう1年になります。2011年にした旅行のほとんどにこのカメラを持って行きました。そして、どうしてこのカメラが理想的なコンパクトカメラなのかを話したいと思います。

最初に Lomo LC-A+ を触ったとき、何を期待すれば良いのか正直分からなかったんです。これまで Rollei 35 をメインカメラとして7年間使ってきて、休日や旅行などでの撮影をすごく楽しんできました。この2つのカメラにはいくつかの共通点(サイズが小さい、同じ焦点距離、同じ絞り値、マニュアルフォーカス)があるけど、考え方はとても違うものです。Rollei は時間が必要なカメラだと言えると思います。急いでいるときなんかは良い写りにはなりません。そして、モノクロをとっても好み、思い出を撮影、保存するのに素晴らしいカメラです。一方Lomo LC-A+は神経質で、カメラの撮るべきものをより明確にしてくれます。いつもポケットに入れることができ、どこへでも連れて行けます。そしてたくさんの冒険についてきてくれます。

Rollei 35はまだたまに使っていますが、なぜLomo LC-A+は特別な感じがするのでしょうか。それは去年1年間もっとも使用したカメラだからです。そして、多くの思い出に残る旅を写してくれたカメラだからです。これから、私の旅の写真をいくつか紹介したいと思います。様々なフィルム、国で撮影しています。 LOMO LC-A+ がどれだけ万能に撮影できるか感じることができると思います。

ステージ1: パリ

パリに住んでいるので旅行ってワケではないんですが、気にしないでください。Lomo LC-A+は普通のジャケットのポケットにすっぽり収まるから、ホントにどこにでも連れて行けるんです。 Fritz the Blitz が出る前は Diana F+ Flash Black と一緒によく撮影していました。(ここに載せている写真ではDIana F+ Flashを使っています。)

最初に、フォーカスを合わせるのはとても簡単だと思います:4つの距離から選ぶだけです(0,8m, 1,5m, 3mそして無限遠)。一度慣れてしまえば、ポケットから出す時にそんなに考える必要も無くなります。数秒で大体の焦点距離を予想できるようになれます:

•被写体がとっても近い場合、腕をのばしたら被写体に触れるくらいなら、フォーカスのスイッチを1番上に合わせます(0.8m)。
•被写体がだいたい2〜3歩くらい離れている場合は1.5mを選びましょう。
•2〜3歩以上被写体が離れている場合は無限遠を使いましょう。(実際私は3mの焦点距離を使ったことがありません)

このマニュアルスケールはだいたいいつもうまくいきます。全ては慣れです。何本か撮影すると、カメラに触れると同時にあなたの焦点距離を設定するようになるんです。

ステージ2: ベルリン

5月にベルリンに旅行した時にLC-A+を持って行きました。天気はなんだか曇りそうだったので、念のためにISO800のカラーネガフィルムを2つと、ISO400のカラーネガフィルムを2つ持って行きました。天気はというと、普通にいい天気だったのでとってもツイていました。ただ、覚えておいてほしいのが、*カメラのISOを設定する* ということです。そうすることで、心配すること無くほとんどのフィルムを使えるんです。

32mmの焦点距離 はほとんどのシチュエーションにおいて使える距離だと思います。とてもバランスのとれた焦点距離なんです: 長過ぎず、かといって短すぎない(そして私の考えでは、全てのカメラは28〜50mmの焦点距離を持っているべきだと思っています。これはここでの話からずれてしまうのでアレですが…)。接近した写真においてはベストな焦点距離ではないですが、少し離れてのポートレートやストリートではパーフェクトなんです。

ステージ3: クロアチア

フラッシュ(Diana F+ Flash と Fritz the Blitz)に加えて、他にもLC-A+に追加できるアクセサリーがあります: Krab Underwater Housing を使うと、プールとかビーチで撮影できたり、水中でも撮影できるようになるんです!あまり深いところまで潜らなければ、全然問題なく撮影できます(プールと海で使ってみました。深さは5〜6フィートくらいで使っていました)。

この写真たちで、LOMO LC-A+がどれだけ色んな用途に使えるのか、そして旅行や旅をしているときにどうやって使えば良いのかっていうのをみんなに伝えることができたらとても嬉しく思います。もしも1つしかカメラを持てないってなったら、たぶんこのカメラがその1つになるんだと思います。

written by fredericdith and translated by hanahana

No comments yet, be the first

Read this article in another language

The original version of this article is written in: Français. It is also available in: English.