Have an account? Login | New to Lomography? Register | Lab | Current Site:

NZ モエラキ・ボールダーズ:エイリアンの卵を発見?

モエラキ・ボールダーズは私が今まで見たなかで一番へんてこな天然の岩のフォーメーションです。地球侵略をたくらむエイリアンが、この海岸に上陸し卵を産み付けたかのようです。これは「ボディ・スナッチャー」なのか???

テカポ湖(前回のロケーションを見てください)を離れ、ニュージーランドの旅は南島の西海岸沿いを南へと進んでいきます。ダニーデンへのドライブの途中、私が今まで見た中で最も奇妙なもの、モエラキ・ボールダーズを発見しました。

モエラキ・ビーチは広大な砂の海岸で、それだけでも立ち寄る価値があります。しかし、ここには砂浜以上に見るべきものがあります。このビーチの特筆すべき点は、とてもへんてこなまんまるの岩です。それはエイリアンが産んでいった巨大な卵のように見えます。実際は、その丸い岩は複合的な地質学的な結石で、砂と海で浸食されたものです。しかし、その巨大さとほぼ完璧な丸さはまったく不自然です。大きさは直径0.5mから2.2m、いくつかは完璧にまるく、そこまで完璧に丸くないものもありますが、それでも驚きに値します。中には割れた岩もあり、怪物が孵化した後のようです。

これは絶対見逃せない、絶好の撮影ポイントです。早朝か夕方行くのがベストです。光の加減で良い写真がとれることと、あと、沢山の見物客も避けることが出来ます。

巨石群とビーチを離れても、まだ他にも見るべきところがありました。数キロ離れたモエラキビレッジです。そこはこじんまりとした美しい、ロマンチックな海岸です。この海岸からすこし歩いて、カティキ・ポイントまでの景色を楽しみます。そうして運が良ければ、 オットセイやペンギンが海での食事から帰ってくるのを見ることができます。彼らは日の入りの1時間前あたりでしか見ることができません。その時間帯でも絶対に見れるという保証はまったくありません。そこには小さい「のぞき場所」があり、ペンギンとオットセイに気づかれることなく彼らを見ることができます。わたしたちもそこに行き、 Diana F+ と望遠レンズでペンギンたちの撮影に挑戦しました。ISO400フィルムで、露出をくもりに設定しましたが、すでに暗くなりすぎていたために、撮影した写真は非常に不鮮明になってしまいました・・・しかし、写真をよーくみれば、ペンギンっぽいものがいくつか見えますよ。

written by vicuna and translated by mizugoji

No comments yet, be the first

Where is this?

Nearby popular photos – see more

Nearby LomoLocations

Read this article in another language

The original version of this article is written in: English. It is also available in: Italiano & Spanish.