Petzval_preorder_header_kit

Now Available for Pre-Order - First Come, First Served

Have an account? Login | New to Lomography? Register | Lab | Current Site:

マリの首都、バマコ ( Africa )

バマコは、ニジェール川に国の南西の地域に位置する、マリの首都です。 「le grand marché」という大きな市場では、ティッシュ、洗面器のようなもの、 楽器、旅行者の為の像、純金製のアクセサリーの他、猿の手や、ハイエナの頭蓋骨、ライオンのおしっこなどが売っていました!!

バマコは、ニジェール川に国の南西の地域に位置する、マリの首都です。
地元のバンバラ族にとって、「bama」「ワニ」を意味し、「ko」「プール」または「川」を意味します。
この都市は1960~1970年にかけて急速に発展し、移住してきた人々により3倍以上の人口になっています。現在のこの都市の人口は100万を超え、200万程になるでしょう。

すぐ北にある断崖を除き、都市は比較的平坦です。大統領官邸や中央病院がありますが、私たちは汚染の為、訪れませんでした。交通量が非常に多く、多くのオートバイと原付バイクであふれかえっていて、人々が炭で料理するので、空気は非常に汚濁しています。

あまり長く滞在していなかったので、国立博物館などを訪れる時間がなく、私たちは、「le grand marché」という大きな市場に行っただけでした。そこではたくさんのものを見つけることができます。例えば、ティッシュ、洗面器のようなもの、 楽器、旅行者の為の像、純金製のアクセサリーなどなど。値段交渉をするのを忘れてはいけません。どの売り手も高い値段で売ろうとしています。

私が見たものの中には魅惑的で珍しいものがありました。
例えば、猿の手や、ハイエナの頭蓋骨、ライオンのおしっこなど。写真に撮ることができなくて残念でした。

これから訪れる人たちに二つのアドバイスがあります

1:写真を撮られたがらない人が、撮ってもいいよと同意してくれる時は、お金を欲しがります。
だから、この都市は写真家の天国というわけではなさそうです。

2:あなたの持ち物に気を付けて下さい。
グループのある女性がカメラを盗まれてしまいました。

written by azurblue and translated by kyonn

No comments yet, be the first

Where is this?

Nearby popular photos – see more

Nearby LomoLocations

Read this article in another language

The original version of this article is written in: English.