This is your last chance to pre-order your Petzval Lens and get the special aperture plates included for free! With estimated delivery in August (or even sooner), don’t miss out on securing your picture perfect portrait lens!

Have an account? Login | New to Lomography? Register | Lab | Current Site:

映画『人生はビギナーズ』 コンペティション ended over 2 years ago

ゴールデングローブ賞(C・プラマ―)受賞&本年度アカデミー賞®最有力候補作品、「人生はビギナーズ」とロモグラフィーが提携してコンペティションを開催します!キーワードは映画のテーマである、「人生を一歩踏み出す」。優勝作品と入賞作品は、なんと映画が公開される新宿バルト9の特設コーナーで展示されます!更に豪華プレゼントもご用意しています。詳細をご覧ください。

映画『人生はビギナーズ』では、75歳にしてゲイだとカミングアウトする父(クリストファー・プラマー)、38歳にしてあらたな恋愛をはじめる息子(ユアン・マクレガー)、二人が「人生を一歩踏み出す」姿が生き生きと描かれています。

そこで、今回は下記のようなテーマで、皆様からとっておきの写真を募集します。見事入賞された作品は、新宿バルト9のロビーにて展示され、さらに豪華賞品もプレゼント!是非この機会にご応募ください。

【募集要項】

タイトル: 「人生はビギナーズ」コンペティション
募集写真: 「踏み出す一歩」をテーマにした写真
対象カメラ: アナログカメラ(フィルムカメラ) 

*デジタルカメラで撮影された作品、デジタル加工をされた作品はご応募いただけません。

応募枚数: 無制限
最小写真サイズ: 必ず縦横768pxの写真をご応募ください。(A3サイズで展示するため、受賞作品のネガは一度お預かりさせて頂きます。方法は別途ご連絡いたします。)
期間: 2012年1月11日(水)~1月29日(日)
優秀者発表: 2012年2月上旬 (予定)
新宿バルト9 ロビーでの展示期間: 2月4日(土)~2月17日(金)

賞品:
【グランプリ】 1名
ロモジャパン選定賞品:LOMO LC-A+ 1台 
【ビギナーズ賞】 1名
映画配給会社ファントム・フィルム選定賞品:LomoKino 1台 
【新宿バルト9賞】 1名
新宿バルト9支配人 選定賞品:映画鑑賞ペア券

映画館にあなたの作品が並ぶチャンス!ふるってご参加ください。

>> コンペティション応募方法

映画「人生はビギナーズ」

>>オフィシャルサイトへ

父の75年目のカミングアウトも、僕の38年目の恋愛も。
人はいくつになっても新たな一歩を踏み出すことができる―。人生の“初心者”たちが紡ぐ、希望の物語。

「私はゲイだ。これからは本当の意味で人生を楽しみたいんだ」
それは母に先立たれた5年後、癌を宣告された父・ハルからの突然の告白。元々は厳格で古いタイプの人間だった父が、そのカミングアウトをきっかけに若々しいファッションに身を包み、パーティやエクササイズに精を出し、若い恋人まで作って、新たな人生を謳歌した。一方、息子・オリヴァーはといえば、38歳にして未だ独身。友達は仕事と犬。元々の臆病な性格故か、父のカミングアウトに戸惑いを隠せない。そんな心の動揺は初恋のような出会いをした運命の女性・アナとの恋にも自ら終止符を打つという最悪の結末を迎えてしまう。しかし、父がカミングアウトしてから“最期”を迎えるまでの5年間は、そのオリヴァーの戸惑いをかき消す程、愛に溢れた幸せな日々だった。それは正に、自分の気持ちに正直に生き、愛する誰かと共に生きるということが人生の最も大切なことだという父の最後の教え。それは、オリヴァーにとって、アナと共に歩むこと―。
父が75歳で踏み出した新たな一歩を、オリヴァーは38歳で踏み出した―。

出演:ユアン・マクレガー、クリストファー・プラマー、メラニー・ロラン、監督・脚本:マイク・ミルズ 『サム・サッカー』 
配給:ファントム・フィルム/クロックワークス  提供:ファントム・フィルム/クロックワークス  
2010年/アメリカ映画/105分/ドルビーSR・SRD/ヴィスタサイズ  
©2010 Beginners Movie, LLC. All Rights Reserved.

2012年2月4日(土)より新宿バルト9、TOHOシネマズシャンテほかにて公開

written by kyonn

No comments yet, be the first