コスタリカ : グアナカステ・ペニンシュラへの旅

サーフボードを詰め込んで、四駆で北のタマリンドから南の果てのマルパイスまで全体の海岸を旅しました。それから、旅の終わりには、アレナル火山へ旅するため、北の海岸まで戻りました。FisheyeとFisheye under water housing との旅行は驚くべき体験になりました。問題だったのは、フィルムの不足と、Fisheye under water housingのストラップがなかったことだけ。コスタリカはパラダイスです。 毎日が冒険です!

コスタリカはHOTです!
トランクスと、タンクトップ、ビキニ、サンダル、帽子、ジャングルの為のスニーカー、虫よけスプレー、SPF 60の日焼け止めを持ってきて下さい。私たちは、塗料のように日焼け止めを浴びて、ばかみたいに日焼けしにまだ来て戻っていました。
首都サン・ホセから、お気に入りの選んだ場所に行く計画をしましょう。ここは安全な国ですが、価値観を守ることをいつも覚えておいて下さい。スペイン語の語学力がある人か、もしくはそのような人と一緒に行くことをお勧めします。

私たちの目標は、3週間のタイム・スパンでできるだけ多くの北から南までのサーフブレイクを行うことでした。
もしあなたがコスタリカでサーフィンをしたくなかったとしても、サーフィンがコスタリカでできる全てではありません。シュノーケリング、スキューバダイビング、乗馬、カヤック、バードウォッチング、ジャングルツアー、パラグライダー、オフロードカーツアー、滝、スポーツフィッシング、温泉などがあります。

コスタリカでは、雨季が5月に始まり、 10月まで続きます。そのため、べストシーズンは1月から5月でしょう。しかしながら、雨季は、時間も値段もたいてい「オフシーズン」になるので、同じ位楽しめて美しいかもしれません。

私たちは海岸に沿った、とてもリーズナブルな価格のツリーハウスに泊まりました。経営者はとても旅行者に親切でした。旅の終わりには、アレナル火山に行くことをお勧めします。温泉と熱帯雨林が幻想的です。母なる自然が生み出したコスタリカというすばらしい地だからこそ存在する、滝で泳ぎ、 生い茂ったジャングルを散歩して下さい。どんなインターネットの検索エンジンでも、あなたの予算に合わせて、泊まる所や訪れる場所をリンクさせてくれるでしょう。ここは本当にパラダイスです。できるだけたくさんのロモグラフィーカメラと、フィルムを詰め込んで出かけて下さい!

written by somethingsfishy on 2010-07-08 in #world #locations #underwater #iso-100 #film # #waterfalls #adventure #lomo # #travel # #water #redscalefilm #fisheye # #surfing #sand #fisheye-water-housing #central #red #plants #bikini-s #paradise #costa-rica #jungles # #america # # #ocean #35mm #cows #heat # #rain-forrests

More Interesting Articles