LOMO LC-A+と昼と夜も一緒に

私は、lomographyasia.comのサイトでLC-A+ で撮影された写真をみて魅了されてしまった。それで自分のためにLC-A+ を買ったんだ。その日から、LC-A+ は大切な友達だよ。

LOMO LC-A+ はもう家族みたいなものだね。 オリジナルのLC-Aとは違って ISOを100, 200, 400, 800, 1600って設定が新しいモデルではできるんだ!特に絞りF2.8で夜間撮影するのが最高だよ!

初心者には、この4つのゾーンフォーカスシステムがちょっと分かりにくいだろうね。でも一度慣れてしまえば大丈夫!(距離設定がちょっとずれてしまっても、それはそれで予想外に良い写真が撮影出来たりするんだ!)

  • 0.8M はほぼ女性の腕を伸ばしたぐらいの距離じゃないかな。鏡に向かってセルフポートレートを撮影したりする時に、腕を使って距離をはかることができるよ。例えば、0.4Mが腕の半分ぐらいの距離っていう風にね。
  • 1.5M は5~7歩ぐらいかな?
  • 3M 1.5M以上の距離の時で無限より短い時
  • 無限 風景なんかを撮影する時にちょうど良いね。

LOMO LC-A+ はビューファインダーの中に2つの赤いランプがある。左の方が点滅したときはシャッターレリーズボタンを途中まで押した時に光る。1つは全部押して、 シャッターが作動した時消える。右側のは暗所での撮影の時に暗くてぶれることがあるかもしれないというお知らせライトなんだ。そして裏蓋にはどんなフィルムが入っているのか見えるように確認窓がついています。この機能は本当に便利だよ。

色々なことを考えて見ても、 LOMO LC-A+ のビネット写真は有名だよね。暗いコーナーが被写体を引き立たせて素敵だと思うな。あと、MXスイッチで簡単に多重露光撮影出来るのも良いよね。

LC-A+のライトメーターはISOスイッチの隣にあって結構正確なんだ。例えば、バックライティングが強い時は、指で隠してしまえばうまくいくんだよね。

コンパクトで軽量なので毎日持ち歩くにはぴったりだよ。だから カラーネガフィルム や、 スライドフィルム白黒フィルム 何かをいつも持ち歩いて撮影しているよ。(LC-A+ は ロモグラファーのみんなが大好きなスライドフィルム x-pro 以外でも素敵な写真が撮影出来るよ!)

まとめるとだね、 LOMO LC-A+ は軽量で便利で昼でも夜でも素晴らしい写真が撮れる。言うまでもなく、Olympus XAに加えて僕のベストカメラなんだ!

LOMO LC-A+ 世界中にファンをもつアナログフィルムカメラ。魅力的なイメージを次々とつくりだす伝説のカメラを今すぐ オンラインショップ で手に入れよう!

written by elliechung7 on 2012-04-22 in #reviews #hk #lca #hong-kong #color-slides #plus #lomo-lc-a #color-negatives #user-review #classic #35mm-films #films #analogue-cameras #cross-processing #asia #lc-a
translated by tame

More Interesting Articles