カラオケボックス in 六本木!

1

マンガやアニメと同じように、カラオケは日本の重要なポップカルチャーだよね。この島の真面目なサラリーマン達は、月曜から日曜まで24時間働いてるから、フリータイムは全力で楽しもうとする。お気に入りの歌を大勢の前で歌って道化を演じるこのアイデアは70年代に発明された。日本では、カラオケボックス全体を何時間か貸切にすることもよくある話だ。だから僕たちは日本で大晦日にやることは、このカラオケに決めたんだ。最初は新宿でカラオケボックスを探したんだけど見つけられなくて、六本木っていう新しい東京のナイトスポットで遂に僕達の行くべき場所をみつけた。何フロアにもわたってたくさんの部屋を備えているカラオケビルがいっぱいあったよ。そして各部屋も映画とか音楽のテーマで飾られているんだ。

部屋のレンタル料は歌う人数によってきまっている。これはリーズナブルだけど、けっして安いわけじゃない。ドリンクは別料金で。多分飲み放題っていう料金設定もあった。部屋に入ってから、曲を選択するシステムを解明するのに10分もかかって、「ロスト・イン・トランスレーション」の役者みたいにおろおろしてた。やっとの事で歌う曲が選択できて、Bluetoothで送信された。電話帳サイズの曲目リストもあって、それでも曲をえらべるよ。

※※カラオケボックスでの注意点※※

-あなたがブラザーでないならば、決してラップの曲はえらぶな。
-前もって歌いたい曲のリストつくっておく。でないと曲を決めるのに悩んじゃって時間が無駄になる。
-飲み放題は選ぶな。歌っていたら飲んでる暇なんてないでしょ?

今時のカラオケボックスでは、自分の部屋みたいにプレイステーションもできる。でももちろんそんなのは邪道だ。お風呂でサーフィンするようなもんだ。カラオケボックスは東京で簡単に見つけられる。渋谷か六本木に行けば、カラオケボックスかバーがあるから。探すときは頭の上のほうをみててね。巨大なカラオケの看板が見えて、もうすぐにわかるからね。

参考: http://en.wikipedia.org/wiki/Roppongi

http://en.wikipedia.org/wiki/Karaoke

written by wil6ka on 2011-11-16 in #world #locations #karaoke #culture #fun #nightlife #urban #tokyo

One Comment

  1. wil6ka
    wil6ka ·

    great!

More Interesting Articles